TOP > REPORT > the GazettE LIVE TOUR 15 DOGMATIC-UN- 9.14 神奈川県民ホールLive Report!
the GazettE LIVE TOUR 15 DOGMATIC-UN-
9.14 神奈川県民ホールLive Report!
(PHOTO:田辺佳子 TEXT:長澤智典)
 闇に包まれた場内に飛び交う、無数のストロボライトの光。漆黒の空間の中へ飛び交う幾つもの光の瞬きが、瞬時にしてその場を異境へと飲み込んだ。闇の奥から輝きだしたのは、2つの十二芒星の刻印。会場中を包み込んだ暗鬱な音の調べが痛みを持って降り注ぐ中、目の前に広がったのはホラームービーのような光景。
 我々が踏み込んだのは、ホラー映画の世界!? いや、もっとリアルな現実だ。この会場自体が、脅威な存在(魔)たちが集い、宴を成す祭場へと繋がるパラレルワールドの入り口だ。思考を鈍らせてゆく眩い光の点滅と戦慄携えた音の響きは、扉の空いた入り口から奈落へと堕ちてゆくために目と耳へ撃ち込まれた導入剤。
 視覚と聴覚、感覚を狂わせた音と光のドラッグを注入された満員の観客たちは、みずからが狂うための合図を待っていた。舞台上に姿を現した5人の魔導師たちが繰り出す音楽の合図を、期待に身悶えながら待ち望んでいた…。

 狂った宴の幕開けを飾ったのは、最新アルバム『DOGMA』の冒頭を飾ったのと同じよう「DOGMA」だ。重い鉄槌をブンッと脳天へ叩きつけられたような火花散る重量感を持った衝撃に、身体も、心も、一気に闇の中へと転がるように堕ちだした。重厚なまでの衝撃が、一瞬にして理性を吹き飛ばした。闇に蠢く黒い渦に呑み込まれるごとに、感覚はむしろ恍惚を覚えてゆく。まるで、堕ちてゆくことに絶頂を感じるかのように…。

 今回のツアーの本編は、最新アルバム『DOGMA』を軸に据えた形で構成されている。むしろ『DOGMA』というアルバムを、ライブというリアルを味わえる空間ならではの形に再構築しながら、その『DOGMA』へ深みや黒い臨場感を与えてゆくに相応しい曲たちを加えながら構築したメニューになっていると言ったほうが良いだろうか!?
 余計な心配だとは思うが、これだけは言っておく。今回のツアーは、『DOGMA』に描いた思想をリアルに体現してゆく場。つまり、このアルバムの深みを知っていればいる人ほど、奈落に堕ちた狂(享)楽の空間の中、思いきり自分を開放してゆく快楽を覚えてゆくはずだ。
 とくに序盤から中盤にかけては、闇と光、両極を成す二つの要素がケミカルを起こしながら、その場にいる人たちに"闇へ溺れてゆく熱狂と悦楽"を伝えてゆく演奏や演出が、次々と描き出されていく。曲が一つ一つ進むごと観客たちも、頭振り乱し、身体折り畳みながら、暗黒の舞踏(武闘)劇へ夢中で溺れ続けていた。

 RUKIがMCで語った「ヤバい夜にしようぜ!!」の言葉通り、重厚な唸りや、重く激しく疾走してゆく音楽を作り出す儀式の調べに、誰もが身悶え恍惚と熱狂に溺れ続けていた。
 「Sugar Pain」の始まりと幕引き時に魅せた、葵の弾く恍惚さ背負った重い旋律が導き出した絶頂感。「DERACINE」や「GRUDGE」の中から見えた嘆いた歌の表情。「WASTELAND」では、無数の炎が灯り、恍惚に酔いしれる儀式のような風景さえ描き出していた。

 「今日は、生まれて初めてステージ上で失神するくらいの熱気だよ。空気が薄いよ」とRUKIも語っていたように、この日のライブは、暴れ続ける観客たちの熱気と熱狂に支配され続けていた。もちろん、その興奮と高揚を導き出したのも、the GazettEのメンバーが作り上げたステージングがあってのこと。

 「LUCY」では、RUKI自身が飛び跳ねながら熱唱。絶叫と絶頂の空間導きだした「INCUBUS」や「BLEMISH」。とにかく、終始重い絶頂を抱かせるライブをthe GazettEは作り続けていた。だからこそ本編最後に、その熱狂をふたたび闇の中へ落とし込むように「OMINOUS」が流れたとたん、言いようの無い絶頂感と、トリップしながらも優しく嘆いた恍惚を覚えていたのかも知れない。

 繰り返しになるが今回のツアーの本編は、最新アルバム『DOGMA』を軸に据えた形で構成している。そのぶんアンコールでは、現在のダウンチューニング曲に連なりを持ちながらも、大騒ぎしてゆくうえで欠かせないthe GazettEの人気"暴れ祭りナンバー"が次々飛び交っていた。
 ライブ本編を始める前に行ったインタヴューでは、メンバーそれぞれが「ツアーを進めるごとに内容も変えてゆく」と語っていたように、今回のツアーも、回数を重ねるごとメニューが変わっていく可能性も大いに感じさせられる。

 本編に関しては、「アルバム『DOGMA』を軸に据えて」という前提があるように、ツアーを通しても極端な変化は見受けられないかも知れないが、アンコールに関しては、何が飛び出すのかわからない楽しさもありそうだけに、これから足を運ぶ人たちは、そこも楽しみにしていて欲しい。
 もちろん、あえて繰り返すが、アルバム『DOGMA』を聴き込んでこそ深く楽しめるツアーになっているように、そこはマストな条件であることも最後に述べておこう。

(PHOTO:田辺佳子 TEXT:長澤智典)

【the GazettE OFFICIAL WEBSITE】
http://www.pscompany.co.jp/gazette/
stylish wave CIRCUIT '18 春の嵐”今宵、乱れ打ち”

NEWS

ライブイベント

stylish wave COUNTDOWN '17-'18
stylish wave CIRCUIT '17 冬将軍

フリーペーパー

club Zy MAG
Gab.

ショップ

zy_shop
001
002
003
004

オリジナル・フォトグッズ

zy_collaction
ページのトップへ戻る