TOP > NEWS一覧 > 試練を乗り越えみんなで作り上げたツアー初日
アーティスト検索

CLØWD

CLØWD:試練を乗り越えみんなで作り上げたツアー初日

CLØWD初となる全国ONEMAN TOUR「バタフライ・エフェクト-不死蝶-」が8月5日、東京・池袋EDGE公演から幕を開けた。
ツアー初日でもあり、リーダーの猟平の誕生日でもある特別な一夜の模様をお届けする。


CLØWDのライヴの前には、HIKARU.(Vo/ex.カメレオ)、Leo(Gt/弾丸NO LIMIT)、Rian(Gt/ex.the LOTUS)、猟平、チャーリー(Dr/ex.Smileberry)による猟平バースデイSPECIAL BAND「いつも以上に構われ隊」によるセッションが、披露され、「HONEY」や「ヴァンパイア」など猟平のルーツとなるバンドのカバーを中心に5曲を演奏し、会場の空気を暖めた。


関係者エリアまで解放され、超満員のオーディエンスがCLØWDの登場を今か今かと待ち侘びる中場内は暗転し、海賊に扮した衣装で登場するとフロアからはひと際大きな歓声があがる。
そのままライヴが始まると思いきや、持っていたベースをKØUに渡し、かわりにマイクを手にした猟平が「飛ばしていくぞ東京!!」と煽ると猟平ボーカルのまま「ANTITHESE」がスタート。
本職がベーシストなのを疑うほどのハイトーンボイスで楽しそうに歌う猟平は、「楽しんでいこうぜ!!」とさらにフロアを煽ったが、あの瞬間を一番楽しんでいたのは間違いなく猟平本人のはずだ。

中盤では9月13日にリリースされる新曲「紅い意図」を初披露。
サビでぐっとテンポが落ち、KØUが感情たっぷりに歌い上げるこの曲は、これまでのCLØWDにはなかったテイストで「今までになかった毒のあるCLØWD。(KØU)」に仕上がっている。
新しいアーティスト写真もMV SPOTとあわせて公開されているのでぜひホームページをチェックして頂きたい。

続けて「頭振るの好きだろ?」の煽りで始まったのはこちらも初披露の新曲「我武者羅」。
樹の高速バスドラと猟平のスラップで突っ走るファストナンバーで、フロアも負けじとヘッドバンキングで応戦し、この日初めて聴いたとは思えない盛り上がりを見せた。

KØUの「今日という日に、こいつ(猟平)に伝えたい贈り物がある。」の言葉と共に始まったのは
<ねえ 君に受け取って欲しいんだ。贈ろう 最高のGIFTを。>という歌い出しで始まる「GIFT」だ。
<君を想う幸せはきっとここにあるから。>でフロアを指差して歌うKØUが印象的で、歌詞の通りこの場所がこの先も喜びに溢れますようにと思えるアクトだった。


ここからライヴはラストスパートに突入する。「声を聞かせろ!!」と始まった「エルゴ領域」でアクセルを踏み、そのまま「バタフライ・エフェクト」に入ろうとしたところ、イントロでシーケンスにトラブルが発生し、音がブツブツと途切れて止まってしまったのだ。ツアー初日にはトラブルがよくあると言うがここまでのトラブルを目にするのは初めてで、オーディエンスも私も驚きを隠せなかったが、次の瞬間、袖からケーキを持ったいつも以上に構われ隊のメンバーが登場することで状況は一変、笑いに変わる。


そう、全ては猟平以外のメンバーによって仕組まれたバースデイサプライズだったのである。
シーケンスのトラブルもメンバーによって作り込まれたもので、その出来栄えは猟平の「マジで心臓に悪い!!」というリアクションでもおわかりの通り、かなり手の込んだイタズラだったようで、猟平を驚かせてお祝いしようとした冬真と庵は無邪気な子供のような顔で種明かしした。


ライヴは仕切り直されるかと思われたが、なんとKØUの声が出なくなってしまうという正真正銘のアクシデントに見舞われてしまう。なんとか声を振り絞ろうとするKØUと、KØUが歌えないところは他のメンバーが代わる代わるマイクを取りサポートする姿に胸を打たれ、このバンドの絆を見た。そして、ライヴはそのまま少し不自然な流れで幕を閉じることとなる。
というのも、事前に配布されたセットリストには本来であれば「Child’s Dream」が本編ラストに組み込まれており、バンドとしても大きな意味を持つ曲なだけに不完全なものを見せるわけにはいけないという判断で止むを得ず急遽セットリストを削り、本編の幕を閉じることとなったのだろう。


KØUの声を心配する声と、アンコールを求める声が入り混じる中、アンコールは無いのではないかと少し心配もしたが、彼らはしっかりとアンコールに応えてくれた。
まずはTSUTAYA O-WESTのフリーライヴでも披露された猟平と樹によるリズムセッション「Groovy Boyz」。
いま思えば、このセッションも少しでもKØUの喉を休める時間を作ろうと急遽決めた事だったのかもしれない。


満を持してKØUが登場し、「一緒に歌おう。」と始まったラストナンバーは「キミトボクラ」。
もちろん満足に歌える状況でないにも関わらず、必死に歌うKØUに猟平が耳打ちをしたのを私は見逃さなかった。
おそらく「辛かったら僕が歌うからマイク僕に向けて。」とでも話したのだろう。
そこからはほとんど猟平が歌っていたように思う。


アンコールをやらないという選択肢ももちろんあっただろう。
しかしCLØWDは最良の選択をしたと私は思う。バンドを、メンバーを、ファンを、愛しているからこそ、誰も悲しませないようにとった行動であり、そこにバンドとしての絆や愛を見せつけられた。
もちろんツアー初日から試練が立ちはだかり、悔しい思いをしたとは思うが、彼らなら必ずや未来への糧にしてくれると私は信じている。


蝶は輪廻転生の象徴とされており、新しい自分になる、美しく強く変化する等の意味を持つと言われている。
まさしく不死の象徴なのだ。何が起こっても立ち向かい、乗り越え、美しく強く、そして逞しくしなやかに変化していく不死蝶へ。
始まったばかりのこのツアーの先々でも様々な試練があるだろう。
そのひとつひとつを乗り越えた先にあるツアーファイナル9月17日代官山UNIT公演、さらにリベンジを誓った来年1月8日の3周年TSUTAYA O-WEST公演で彼らに会えることを私は楽しみにしている。


<ONEMAN TOUR 2017 バタフライ・エフェクト-不死蝶->
2017年8月5日(土)@池袋EDGE セットリスト


01.ANTITHESE
02.ケミカルZOO
03.ワットインテンション
04.レッド・ホット・ディスコ
05.狼煙
06.RUDENESS RESORT
07.NEVER ENDING STORY
08.紅い意図(新曲)
09.我武者羅(新曲)
10.GIFT
11.エルゴ領域
12.バタフライ・エフェクト
13.Worry?

ENCORE
14.Groovy Boyz
15.キミトボクラ

<CLØWD INFORMATION>
■2017/9/13(水)RELEASE 6th SINGLE「紅い意図」


【初回生産限定盤A】CD+DVD DCCL-222~223 / 1,800円+税
 <CD>1. 紅い意図 2. One
 <DVD>LIVE Shooting from「バタフライ・エフェクト-残響-」
  1. ANTITHESE、2. ケミカルZOO、3. RUDENESS RESORT
  4. Child's Dream、5. NEVER ENDING STORY、6. #夏の微熱

【初回生産限定盤B】CD+DVD DCCL-224~225 / 1,800円+税
 <CD>1. 紅い意図 2. 我武者羅
 <DVD> CLØWD Theater「僕らの夏休み~そうだ、キャンプに行こう~」

【通常盤】CDのみ DCCL-226 / 1,200円+税
 <CD>1. 紅い意図 2. Eeny, Meeny, Honey, More 3. 紅い意図 (KØULess Ver.)


■CLØWD ONEMAN TOUR 2017「バタフライ・エフェクト-不死蝶-」
8/12(土)【福岡】 福岡DRUM SON  [キャプテン・Ø:KØU] <全員:浴衣> 
8/13(日)【広島】 広島BACKBEAT  [キャプテン・スネーク:庵] <全員:黒髪、濃いメイク、タトゥー>
8/19(土)【千葉】 柏Thumb up  [キャプテン・P・マッスル:樹]
8/30(水)【新潟】 新潟GOLDEN PIGS BLACK STAGE  [キャプテン・サイクリング:冬真]
9/2 (土)【北海道】札幌Spiritual Lounge  [バタフライ・エフェクト-番外編- 船員休暇日]
9/3 (日)【北海道】札幌Spiritual Lounge  [キャプテン・キッド:猟平]
9/6 (水)【宮城】 仙台LIVE HOUSE enn 3rd  [キャプテン・P・マッスル:樹]
9/9 (土)【愛知】 名古屋HeartLand  [キャプテン・サイクリング:冬真]
9/10(日)【大阪】 心斎橋CLAPPER  [キャプテン・Ø:KØU]
9/17(日)【東京】 代官山UNIT (庵Birthday Live) [キャプテン・スネーク:庵]

<チケット料金> 前売¥3,500 / 当日¥4,000
<チケット発売中>
イープラス https://goo.gl/ByVvPy
ローソンチケット https://goo.gl/PZol82
チケットぴあ https://goo.gl/gtJ5MA


■9/13発売シングル「紅い意図」ワンマンライヴ会場限定予約特典会「キミトボクラの紅い意図」開催決定!!

 詳細 http://clowd.tokyo/news_detail/news_415.html 


■メンバーバースデイライヴ
11/21(火) 池袋EDGE OPEN 18:00 / START 18:30
CLØWD冬真生誕祭「溺れる微熱とRevolution」【ACT】CLØWD / DADAROMA / LEZARD

12/2(土) 柏ThumbUp OPEN 17:00 / START 17:30
CLØWD×ぞんび「千葉凱旋?~たっちゃんのお誕生日会~」【ACT】CLØWD / ぞんび

12/30(土) 池袋EDGE OPEN 17:00 / START 17:30
KØU Birthday LIVE「チキチキ大忘年会2」【ACT】CLØWD

<チケット料金> 前売¥3,500 当日¥4,000(税込・ドリンク代別)
<11/21、12/2公演先行販売> 9/17(日) 代官山UNIT公演にて手売り販売(※Aチケット)
<一般発売> 9/30(土)10:00~イープラス先着(※Bチケット)


■インストアイベント開催決定!
9/16(土) ライカエジソン原宿店
9/18(月・祝) ライカエジソン東京店
9/23(土) タワーレコード渋谷店
9/30(土) 大阪ZEALLINK
10/1(日) fiveStars
10/9(月・祝) 自主盤倶楽部
10/22(日) little HEARTS.新宿店
10/29(日) 渋谷ZEALLINK
11/3(金・祝) BrandX
※インストアイベント詳細 http://clowd.tokyo/instore.php 



CLØWD オフィシャルサイト http://clowd.tokyo

stylish wave CIRCUIT '18 春の嵐”今宵、乱れ打ち”
stylish wave COUNTDOWN '17-'18
stylish wave CIRCUIT '17 冬将軍

NEWS

ライブイベント

stylish wave COUNTDOWN '17-'18
stylish wave CIRCUIT '17 冬将軍

フリーペーパー

club Zy MAG
Gab.

ショップ

zy_shop
001
002
003
004

オリジナル・フォトグッズ

zy_collaction
ページのトップへ戻る