TOP > INTERVIEW > ロングインタビュー特集 全4回連載:寺子屋レーベル対談
えんそく,マイナス人生オーケストラ,THE BLACK SWAN,乙女国家
ロングインタビュー特集 全4回連載:寺子屋レーベル対談

この記事を目にする頃には、えんそく/マイナス人生オーケストラ/THE BLACK SWAN/乙女国家の4バンドで実施中の全国ツアー「寺子屋10周年イベント百花繚乱~Extravaganza for second bloom~」の真っ最中。
今回は、ツアーに先駆け、えんそくのぶう、マイナス人生オーケストラの栗山"HaL"ヰヱス、THE BLACK SWANのRENA、乙女国家のミスターが集まり、寺子屋レーベルの魅力について語っていただく予定が、だいぶ脱線。でも、それが寺子屋イズムだからOKかも。

インタビュー:長澤智典
Interview by Tomonori Nagasawa

第1回第2回第3回up!第4回

世代交代しないように頑張り続けないと……と言いながら、そんな気持ちもとくにないんですけどね(笑)。

――この記事を目にする頃には、えんそく/マイナス人生オーケストラ/ THE BLACK SWAN/乙女国家の4バンドで行う全国ツアー「寺子屋10周年イベント百花繚乱~Extravaganza for second bloom~」の真っ最中。この4バンドで一緒にライブを行うのは…。
ぶう このツアーを通してが初めてです。それまで寺子屋の中で孤軍奮闘してきたえんそくの視点から見れば、新しいバンドがバンバン寺子屋レーベルへ入ってきたことから、このツアーを通してようやく他のバンドさんらと親交を深められるなって感じだし、こっからレーベル的な盛り上がりを見せていこうって意識ですからね。

――レーベルとしての盛り上がりは作っていきたいところだ。
ぶう 作っていきたいですねぇ。これまでレーベル内に友達もいず、これと言って、身近にすごく親しいバンドも無くえんそくをやってきてたんで。

――確かに大きなツアーのほうが、規模感も広げていけますからね。
ぶう そうなんですよね。しかも「主催ツアー」と名乗っているように、自分たち主導で進めていけるのが何よりも嬉しいこと。
栗山"HaL"ヰヱス(以下、ハル) マイナス人生オーケストラがいるじゃない!!
ぶう 確かにマイナスとは、レーベルへ所属する前から仲良くはやってきてたけど。今、すごく流行ってるじゃないですか、レーベル単位でツアーとかバンバン打ったり。ああいうのがホント羨ましくって。
お客さんらもそういうイベントって、何処が本命バンドだと戦いあうんじゃなくって、ぜんぜん違うスタイルのバンドでも同じレーベルの仲間だからと応援すれば、そういうイベントへ何回も足を運ぶことで、本命バンド以外のバンドさんの曲も覚えてく。そうなると、ますますイベント自体が楽しくなれば、会場中の一体感も共有していけるじゃないですか。それも、しつこく演れば演るほどに…。

――確かに。
ぶう 前々から「しつこく演りてぇなぁ」と思いながらもしつこく演ってくれるバンドが無かった中、こうやってレーベルに仲間が増え、今回のようにツアーが出来るようになった。だから、えんそくとしては素直に喜んでます。

――「しつこくレーベルイベントを行うための、これが第一歩だ。
ぶう そうです。

――仲間とはいえ、バンドが増えてくるとえんそくの存在が霞んでしまいません??
ハル 大丈夫です。ぶうさんは、声がデカいんで。
RENA 寺子屋イコールえんそくさんみたいなイメージも、やっぱり強いですし。
ハル むしろ、「寺子屋=えんそく」のイメージを切り崩そうと僕らは入ったんですけど、いまだぶうさんの声がデカいように、存在感は消えないです。
ぶう それ、良かったです(笑)。

――寺子屋としては、えんそくがレーベルの顔となるわけですもんね。
ぶう そうです。そこが世代交代しないように頑張り続けないと……と言いながら、そんな気持ちもとくにないんですけどね(笑)。




「えっ、なんで寺子屋なの!?」と聞かれるけど、何でですかね(笑)。

――今回の「寺子屋10周年イベント百花繚乱~Extravaganza for second bloom~」ツアーは、えんそく/マイナス人生オーケストラ/ THE BLACK SWAN/乙女国家の4バンドが親交を深め、強い結束を作ってゆくためのツアーにもなるんですね。
ぶう そうですね。理想をいうなら、このツアーでの出会いを通して、それぞれの本命バンドのお客さんらが、他のバンドのライブにも遊びに行くようになってくれたら嬉しいですね。そうすると、各々のワンマンのキャパシティも一気に倍以上増しになっていきますからね。

――そのあざとさが寺子屋イズムですね(笑)。それにしても、見事にカラーの異なるバンドが集合しているところが魅力ですよね。
ハル ホント、ぜんぜん違いますよね。かぶるところがないというか。まぁ、近しい匂いがするところはそれぞれにあるんですけど。ただし、THE BLACK SWANさん以外という話の上でね。
RENA 僕らは完全に異彩を放つバンドなんで。普通に考えたら、僕ら以外の3バンドのほうが、このシーンの中では異色なのに(笑)。
ハル そうなんですよ、他のレーベルさんに所属していたらTHE BLACK SWANさんは王道なバンドなのにね(笑)。
RENA 寺子屋の中で僕らは完全に浮いてる存在。だからこそ、今回のツアーでどういう風に刺激を受けられるかがすごく楽しみなんです。
ぶう むしろ、寺子屋に入ってラッキーだよね。俺も栗山も声がデカくてうるさい、ミスターは性格が悪い。逆にTHE BLACK SWANの持つ正統派さが、ここでは目立つからね。
ハル ふざけたバンドばかりが所属する事務所の中、ひとバンドだけ王道がいる。このパターンって初めてですよね。
ぶう 恰好いいバンドさんばかりの中に入ると、俺らは埋もれるから。あっ、でも、考え方によっては…。
ハル えっ、どうしたんですか??
ぶう うるさい奴らがつぶしあっている中、シュッと王道が入っているからTHE BLACK SWANは目立つわけで。俺らは、何処いっても目立たないってことになんないか!?
RENA なかなか面白い方々ばかりですよね、寺子屋所属のバンドさん方は(笑)。僕ら、この中では一番新しい所属バンドのように、まだえんそくさんとしか対バン経験がないんですよ。だから今回のツアーを通して、マイナス人生オーケストラさんや乙女国家さんと共演出来ることをすごく楽しみにしているんです。

――ところで、なんでTHE BLACK SWANが寺子屋レーベルへ入ったんですか??
RENA とあるきっかけで寺子屋の社長と出会い、いろいろ話をしていく中「これから一緒にやっていかないか!?」と誘われ、僕らも社長の心意気に惚れてというのが加入の経緯です。




「この事務所、ふざけて大丈夫だ」と思って入ったら、ぜんぜん違ってたって!?

――みなさんも言ってますけど、寺子屋の中にいることでTHE BLACK SWANの異彩さが際立ちますからね。
RENA だからこそ、これまで同様自分たちの意識をぶらすことなく活動し続けていきます。
ぶう その姿勢は、むしろ助かります。
ハル えっ、どういうこと??
ぶう えんそくがTHE BLACK SWANと絡むことで、「じつはえんそくも真面目なバンドじゃないのか!?」という印象を、まわりに持ってもらえるじゃない。
RENA えんそくさんって、めちゃくちゃ真面目なバンドじゃないですか!!
ぶう その真面目さが、いまいち伝わっていかないんだよ。
RENA すごく真面目に音楽へ取り組んでいるバンドだと、見ててすごく思うんですけど。
ぶう それ、もっと言って(笑)。世の中の人たちは、「えんそくって、どうせ適当にやっているバンドなんでしょ」と思ってるんで。だからこそ、THE BLACK SWANのようなストイックに音楽を追求しているバンドと絡むことで、「えんそくがふざけてるバンドだったら、THE BLACK SWANさんが絡むことは絶対にないでしょ。ということは、えんそくも真面目にやってるバンドなんだ」と、そういう見え方になってくれたら、僕らえんそくはラッキーですからね。

――えんそくって、めっちゃストイックなバンドじゃないですか。でも、いまだに世間は下らない偏見でえんそくのことを見てるんですね。
ぶう 思いきり偏見持たれてますよ。「どうせえんそくなんて、PEN!PEN!PEN!って中学生女子向けの歌ばっかやってんだろ」とか。それって若い子らに対して失礼な発言だよ。
うちら、マイナス人生オーケストラがレーベルへ所属する前からよく対バンをやってたけど。あれだけサブカルなバンドがうちと絡むってことは、きっとえんそくにも奥深いサブカルチャーの何か匂いがあるんですよ。じゃないと、あんなにマイナスと対バンで絡まないでしょ。

――実際えんそくさんは、かなり緻密に凝った音作りをしていますからね。
ぶう えんそくは真面目です。そこを伝えたい。
ハル 今の編成になってからのえんそくは、とくにその緻密さが凄い!!
RENA むしろ寺子屋に所属しているバンドって、そういう緻密な音作りをしているバンドさんばかりだと思うんですけど。でも、表向きにはコミカルなバンドが所属している印象が強い。本当はそこじゃなくて、みんなしっかり音楽を演っているのに。
ぶう 言ってやれ、どんどん言ってやれっ!!
RENA だからこそ今回のツアーを通し、改めてそのイメージを良い方向へ持っていきたいなという気持ちはすごくあります。

――ミスター、さっきからお口チャッキーくんになってますよ。
ぶう えっ、もしや、ふざけてるレーベルだと思って入ってきた??
ミスター いえいえいえ、乙女国家も真面目に音楽やってますよ。
ハル  「この事務所、ふざけて大丈夫だ」と思って入ったら、ぜんぜん違ってたって!?
ぶう ミスターはふざけた男だもんな。
ミスター えっ!?、何処が!?!?。真面目にやってますよ、僕らも。


第1回第2回第3回up!第4回

ニコニコ公式ブロマガ「club Zy.チャンネル」にも掲載中!!
2016年5月の特集アーティストとしてロングインタビューを先行公開&ここでしか読めないテーマインタビュー、動画も配信中!
※パソコン、スマートフォンからご利用いただけます。
【club Zy.チャンネル】http://ch.nicovideo.jp/club-Zy/blomaga
携帯公式サイト「club Zy.チャンネル」でも特集中!!
特集アーティストとして、ここでしか見られないインタビューを公開中!
※ガラケーからのみご利用いただけます。
【club Zy.チャンネル】http://ch.club-zy.com


GOTCHAROCKA / HERO / R指定 / Moran / DIAURA / BORN / vistlip / 己龍 etc... 発刊!



<<えんそく11th SINGLE 『アリス・エクス・マキナ』ON SALE!!>>
【Aタイプ(type:Atman)】
TKRD-1011A
¥1,000(tax in)
1.芸術家達の夢想機械(SE)
2.アリス・エクス・マキナ(type:Atman)
3.アリス・エクス・マキナ(type:Atman)カラオケver.

※【ジャケットタイプ全1999種】
初回生産分1999枚全てが別デザインのジャケットになっている「世界に一つだけ」仕様。
※【Aタイプ購入者限定公演有り】
ジャケットデザインの種類によって後日開催される限定ワンマンや限定イベントに招待されるかも!?
(参加条件となるデザインは発売から一定期間経過した後の発表となります。)
※Aタイプの販売は店舗のみに限り、ライブ会場物販での販売は致しません。

【Bタイプ(type:Brahman)】
TKRD-1011B
¥1,500(tax in)
1.ハッタリ屋の実現機械(SE)
2.アリス・エクス・マキナ(type:Brahman)
3.机上の空論実行部隊
4.狂い時計のネジ巻きマキナ
5.アリス・エクス・マキナ(type:Brahman)カラオケver.

えんそくがこれまでリリースしてきたシングル同様、
SE+表題曲+カップリング2曲+カラオケを収録した
5トラックの「いつもと同じ」仕様。



<<乙女国家 NEW SINGLE『御国の為に』ON SALE!!>>

1200円(税込)
1.御国の為に
2.いい日旅立ち
3.ないものねだり



<<マイナス人生オーケストラ『失心』ON SALE!!>>

品番:SDRC-055
¥1200(税込)
01.フライングヒューマノイド
02.盛者が殺しにやってくる
03.桐島、人間やめるってよ。
04.足元ばかり見ている



<<THE BLACK SWAN 1st FULL ALBUM「OUSIA」ON SALE!!>>

[TYPE-A]
1.RUVISH
2.赫音-finis-
3.DEJECTED RAIN
4.赫音-justitia-
5.THE HOPELESS
6.流声、相剋の廃と
7.[S]TRIPPER
8.BLIND DAYS
9.THE WORLD IS MY ROOM
10.アスモデウスの槍
11.失い
12.OUSIA

DVD
1.RUVISH(Music Video)

INCLUDE 12SONGS + DVD
TKRD-4001A ¥3,700-(TAX IN)

[TYPE-B]
1.RECEPTRIX
2.流声、相剋の廃と
3.THE HOPELESS
4.THE WORLD IS MY ROOM
5.赫音-justitia-
6.BLIND DAYS
7.[S]TRIPPER
8.DEJECTED RAIN
9.失い
10.赫音-finis-
11.想白の季雪
12.アスモデウスの槍
13.RUVISH
14.OUSIA

INCLUDE 14SONGS
TKRD-4001B ¥3,000-(TAX IN)



寺子屋10周年イベント百花繚乱~Extravaganza for second bloom~
2016/05/07(土) 名古屋ell SIZE
OPEN 17:00 START 17:30
ADV ¥3,500 DOOR ¥4,500 (D代別)
出演:えんそく/乙女国家/マイナス人生オーケストラ/THE BLACK SWAN
GUEST:LIPHLICH

2016/05/13(金) 広島SECOND CRUTCH
OPEN 18:00 START 18:30
ADV ¥3,500 DOOR ¥4,500 (D代別)
出演:えんそく/マイナス人生オーケストラ/THE BLACK SWAN

2016/05/14(土) 福岡DRUM SON
OPEN 18:00 START 18:30
ADV ¥3,500 DOOR ¥4,500 (D代別)
出演:えんそく/マイナス人生オーケストラ/THE BLACK SWAN

2016/05/22(日) OSAKA MUSE
OPEN 16:30 START 17:00
ADV ¥3,500 DOOR ¥4,500 (D代別)
出演:えんそく/乙女国家/マイナス人生オーケストラ/THE BLACK SWAN
GUEST:The Benjamin/LIPHLICH

2016/05/29(日) 松本ALECX
OPEN 16:30 START 17:00
ADV ¥3,500 DOOR ¥4,500 (D代別)
出演:えんそく/乙女国家/マイナス人生オーケストラ/THE BLACK SWAN
GUEST:The Benjamin/LIPHLICH

各ライブの詳細な情報や最新情報は OFFICIAL WEBSITE をご覧ください。
【 えんそく OFFICIAL WEBSITE 】
http://ensoku.in/


【 乙女国家 OFFICIAL WEBSITE 】
http://otomekokka.org/


【 マイナス人生オーケストラ OFFICIAL WEBSITE 】
http://moushinitai.com/


【 THE BLACK SWAN OFFICIAL WEBSITE 】
http://theblackswan.jp/

stylish wave MAX '17 “一撃乱舞”
stylish wave CIRCUIT '17 夏の陣

NEWS

ライブイベント

stylish wave CIRCUIT '17 夏の陣
stylish wave MAX '17 ”一撃乱舞”
stylish wave EXPERIENCE ”無礼区 #07”

フリーペーパー

club Zy MAG
Gab.

ショップ

zy_shop
001
002
003
004

オリジナル・フォトグッズ

zy_collaction
ページのトップへ戻る