TOP > REPORT > stylish wave EXPERIENCE “無礼区#04” 渋谷REX ライブレポート
白日ノ夢,ViV,Purple Stone,ソニックデスモンキー,BLaive,ASTARIA,exist†trace
stylish wave EXPERIENCE “無礼区#04” 渋谷REX ライブレポート



6月18日に大阪RUIDOで、25日には渋谷REXを舞台に行われた「stylish wave EXPERIENCE "無礼区 #04"」ここでは、東京公演の模様をレポート。出演したのは、白日ノ夢/ViV/Purple Stone/ソニックデスモンキー/BLaive/ASTARIA/exist†trace(ゲスト)と豪華な面々。では、誌上でのイベントもスタートさせますか!!
TEXT:長澤智典



□ソニックデスモンキー


「遊ぶ準備は出来てますか?!」の言葉通りに、最初から観客たちに熱い手拍子を起こさせたのがソニックデスモンキー。身体を激しく揺さぶるダンスロックナンバー『華麗な王子様』に合わせ、客席前方では右へ左へ揺れ動く人たちの姿も。攻めゆく中にも陽気な表情を加えてイクところが、彼らの持ち味??

華やかに、でも攻撃的な姿勢も抱いた『酸欠金魚』が流れだした。サビでは、タオルを振りながらメンバーらと気持ちを共有してゆく。和要素も耳心地好いが、ライブ特有の勢いへ嬉しい刺激を得ていたのも事実。熱いノリへ、何時しか誰しもの身体が躍動していた?!

最後にぶつけた『CRAZY MONSTER』でも、重量感を抱いたダンスビートに身を預けクレイジーに騒ぐ人たち。間奏では、WAVEしてゆく様も登場。短い中とはいえ、トップに相応しい、一体化した祭りの空気をソニックデスモンキーは作り出していた。

※画像はクリックで拡大します
    
    
    
    
  
[SET LIST]
1.華麗な王子様
2.酸欠金魚
3.CRAZY MONSTER



                  
□Purple Stone


「踊ろうかー!!」。重厚な生音と華やかでダンサブルな同期音をミックス。場内を爆音響くダンスフロアーに変えたのが、Purple Stone。『パラダイス・ダンス』に身を任せ、飛び跳ねてゆく人たち。挑発的な歌も、嬉しい刺激だ。激しさを抱いたまま、演奏は『歌舞伎町バタフライ』へ。昂揚した歌声が、気持ちを熱く掻き立ててゆく。客席では、頭振り乱す人たちの姿も目に飛び込んできた。なんて心を奮い立たせる歌と演奏だ。

8月に発売するシングルを、先行で演奏。『パニックパニック!』は超アゲアゲなパーティホラーロック、歌と演奏に触れた瞬間から身体を揺らさずにいれなかった?! 初見でも多くの人たちがはしゃいでいたように、またもライブで大騒ぎ出来るパーティチューンが誕生した。最後は、身体中のアドレナリンを刺激してゆく『アドレナリンBANG!』。右へ左へモッシュしながら、ときにはヘドバンを繰り出し、華激な宴に酔ってゆく観客たち。終始、厚い音の唸りに呑み込まれ、熱に溺れたライブだった。

※画像はクリックで拡大します
    
    
  
[SET LIST]
1.パラダイス・ダンス
2.歌舞伎町バタフライ
3.パニックパニック!
4.アドレナリンBANG!



                 
□ASTARIA
 

激しい演奏に興奮を覚えるのもライブの楽しみ方だが、ウキウキとした喜びを心に覚えられるのも嬉しい刺激。ASTARIAの奏でる『希望という名の未来へ』に触れたとたん、胸をくすぐる歌へ一瞬で魅了された。体感的な衝動はいずれ忘れるが、心を揺らした歌はずっと染みついてゆく。続く『Beginning of the END』は、荒ぶった演奏で挑発する楽曲。かなり攻めな姿勢だが、歌声がしっかり胸へ飛び込んでくるせいか、身体は熱に浮かれながらも、耳や心は歌に惹かれ続けていた。

観客たちを左右に走らせた『Honey trap』では、タオルを振り騒ぎ倒す人たちも。攻撃的な姿勢を示しながら、ASTARIAは場内を熱した色に染めてゆく。最後に奏でた『MARMALADE BUTTERFLY』でも、観客たちが左右にモッシュ。和心抱いた歌物ダンスロックに触れながら、扇子振りかざし踊らずにいれなかったのが本音だ。雅な熱狂は、いまだ心にこびりついている。

※画像はクリックで拡大します
    
    
    
  
[SET LIST]
1.希望という名の未来へ
2.Beginning of the END
3.Honey trap
4.MARMALADE BUTTERFLY        



□BLaive


学園をコンセプトに活動中、BLaiveはとてもキラキラとした連中だ。でも、演奏はかなりエッジが効いている。親しみやすいのに、身体は熱く騒ぎだす。『ドリームジャンボ学園』、触れた人たちに眩しいインパクトを与えてゆくキラーチューンじゃないか!!

祈りのポーズでくるくる廻り続けるおしくらモッシュが炸裂、『おしくらまんじゅう』はBLaive流サークルモッシュナンバー。何時しか場内の大半の人たちがモッシュバトルに笑顔で巻き込まれ、思いきりはしゃいでいた。ライブで騒ぐ光景を作る楽曲も、彼らの魅力の一つ。むしろ、この日は短い演奏時間だからこそ、激しい楽曲を並べてきた。『イグサレーション』でも、大勢の人たちがタオルをくるくる廻しては、煽るメンバーらへ嬉しく噛みついていた。どんな激しい楽曲でも、歌が心へズドンと響くところもBLaiveらしさと実感。今後の成長が楽しみな逸材だ。

※画像はクリックで拡大します
    
    

[SET LIST]
1.ドリームジャンボ学園
2.おしくらまんじゅう
3.イグサレーション


                

□ViV


冒頭から牙を剥き出しにViVが襲いかかった。『LOVE SICK』は激しさを売りにしている楽曲ではない。だが、メンバーの身体からあふれる気迫が熱いエナジーとなり客席へ降り注いでいた。むしろ抑揚を魅力にした表情だからこそ、振幅した熱が明瞭に見えてきた。「ここに居る全員を巻き込んじまおうぜ」。ファンキー&ワイルドな『Supeoki Pain』を通し、フィーバーした空間にViVは塗り上げていった。無頼な姿も、イカした刺激を与えてくれるじゃないか。

「一つになろうぜ!!」、激しく轟く演奏が爆発。巧みに緩急入れた表情を描き、触れた人の感情をViVは熱く熱く掻き立ててゆく。「ハートに火をつけろ」、まさに『EMOTION』な感情を与えてくれる楽曲だ。最後に叩きつけた『Cage』まで終始挑みかかる姿勢を持って、ギラついた牙を剥き出しに、ViVは観客たちに熱狂という喧嘩を吹っかけ続けていた。

※画像はクリックで拡大します
    
    
   
    
    
   
[SET LIST]
1.LOVE SICK
2.Supeoki Pain
3.EMOTION
4.Cage




                 
□exist†trace(GUEST)
 

迫力と貫祿は、この日のイベントでも図抜けていた。ゲストで出演したexist†traceは、ド頭から爆走する『DREAM RIDER』を相棒に、場内へ無数の拳の針山を作りあげていた。熱狂するのは当たり前、その歌と演奏へ意識がどんどん吸い込まれていた。身体を激しく揺さぶる攻めなダンスロックが炸裂、『ネオジャパニーズヒロイン』に触れ、跳ねずにいれない。理性なんて言葉はとっとと捨て去ろう!!

ヘヴィに、ダークにうねるミッドな音が襲いかかった。大きな黒い波に呑み込まれてゆく感覚?! 『JUDEA』が与えた漆黒な音の昂揚。「全部吐き出せ、いいかっ!!」、ラウドでヘヴィなんてもんじゃない、轟く重低音な演奏が熱狂と歓喜を呼び起こしてゆく、『RAZE』、なんて熱い興奮与える重い衝撃だ。最後の『VOICE』まで、exist†traceは一切攻めの姿勢を緩めることなく。むしろ、離れたくない衝動を与え、触れた人たちを狂おしいほどに魅了していった。


※画像はクリックで拡大します
    
    
    
  
[SET LIST] 
1.DREAM RIDER
2.ネオジャパニーズヒロイン
3.JUDEA
4.RAZE
5.VOICE





□白日ノ夢

              
絶叫を合図に広がったのは、白い闇の世界。奈落へ堕ちてくように、白日ノ夢は『事例00 -あと少し-』を唱えだした。嘆くように歌いながら、奴らは触れた人たちへ一緒に絶望の宴に溺れようと呼びかけてゆく。一転、『事例0.7 -デイドリーム・オーヴァードース-』を心に注入したメンバーたちが、狂ったように暴れだした。何時しか客席にも頭振り乱す大勢の人たちの姿が。白が無垢だと誰が決めた?! こんなにも闇のような白い衝撃は、なかなか味わえない。

ここは狂人たちの宴の場?! 絶叫にまみれながら、感情を熱く揺さぶる『事例03 -策略-』へ何時しかかしづいていた。理性なんか吹き飛ばし、ただただ踊り狂えばいい。それが、この世界のルール。白い怪物どもの誘いは、なんて感情を嬉しく乱してゆくのだろう。勢いを加速させるように叩きつけた『事例07 -リユニオン-』。歌物ながら、激烈な音が暴れずにいれない衝動を全身に突き刺してゆく。狂え狂え、笑顔で狂い続ければいい。

最後に轟かせた『事例04-ナイン-』まで、僕らは喧騒の中に観てはいけない白昼夢を観ていた。いや、白い闇の夢と言うべきか。もしや我々も、檻(小屋)に閉じ込められた狂人たち?! フフフッ…ファハハハハハッ!!

※画像はクリックで拡大します
    
  
[SET LIST]
1.事例00 -あと少し-
2.事例0.7 -デイドリーム ・オーヴァードース-
3.事例03 -策略-
4.事例07 -リユニオン-
5.事例04 -ナイン
           
                  

最後に。
星子編集長を司会に、この日出演した各バンドから代表者が登壇。出演者たちがこの日の感想を語りつつ、持ち寄った私物をじゃんけんで勝った人たちにプレゼント。これも、「stylish wave」恒例のお楽しみであることを最後に伝えておこう。

TEXT:長澤智典


stylish wave CIRCUIT'16 夏の陣 7月9日からスタート!


stylish wave CIRCUIT'16 夏の陣 今宵狂乱
7月9日(土) 高田馬場AREA
出演:AvelCain / ジン / ギガマウス / Sick2 / ViV / the LOTUS / BLaive(O.A.)
お見送り&ファンレターのお受け取り会:AvelCain

7月16日(土) 新横浜NEW SIDE BEACH!!
出演:黒姫の夢遊病 / ジン / Neverland / ViV / the LOTUS / ソニックデスモンキー / BLaive(O.A)
お見送り&ファンレターのお受け取り会:黒姫の夢遊病

7月22日(金) 仙台darwin
出演:白日ノ夢 / ジン / ギガマウス / ViV / the LOTUS / ソニックデスモンキー / Purple Stone(O.A)
お見送り&ファンレターのお受け取り会:ギガマウス

7月24日(日) 高崎CLUB FLEEZ
出演:白日ノ夢 / ジン / Neverland / ViV / the LOTUS / Synk;yet / BLaive(O.A)
お見送り&ファンレターのお受け取り会:白日ノ夢

8月6日(土) 大阪MUSE
出演:FEST VAINQUEUR(ゲスト) / ベル / ジン / Chanty / ギガマウス / Smileberry / Purple Stone(O.A)
お見送り&ファンレターのお受け取り会:Chanty

8月7日(日) 名古屋E.L.L
出演:FEST VAINQUEUR(ゲスト) / the Raid. / ベル / ジン / Chanty / ギガマウス / Smileberry / ASTARIA(O.A)
お見送り&ファンレターのお受け取り会:ベル

[各公演共通]
OPEN 16:00 / START 17:00
※名古屋公演のみ OPEN 15:30 / START 16:30
前売 ¥3,700-(税込) / 当日 ¥4,200-(税込)
※ドリンク代は各会場ごとに異なります
※オールスタンディング、入場整理番号有り

チケット好評発売中!
詳細は【こちら】




stylish wave MAX'16 "一撃乱舞"
2016年8月13日(土)新宿ReNY 
出演:FEST VAINQUEUR(ゲスト) / the Raid. / ベル / ジン / Chanty / ギガマウス / Smileberry / the LOTUS(O.A.)
お見送り&ファンレターのお受け取り会:the Raid.

OPEN 15:30 / START 16:30
前売り ¥4,000- / 当日¥4,500- (消費税込み)
※オールスタンディング / 入場整理番号有 / ドリンク代別

チケット好評発売中!
詳細は【こちら】



NEXT EVENT



stylish wave “Super Visual Night 2016” 
☆今宵はパーティー!ヴィジュアルスタイルピーポー

2016年7月30日(土) 渋谷REX
[一部]OPEN 16:00 / START 16:30 [二部]OPEN 20:00 / START 20:10(21:10終演予定)
出演:ジン / ViV / the LOTUS / バラライカ

2016年7月31日(日) 渋谷REX
[一部]OPEN 16:00 / START 16:30 [二部]OPEN 20:00 / START 20:10(21:10終演予定)
出演:ジン / アンフィル / Purple Stone / スタア区。

【チケット】
Sチケット(限定80枚):¥6,500(tax in) / Fan Meeting参加・スペシャルフォトプレゼント・1ドリンク付き ※完売
前売チケット:¥3,700(tax in/D代別)
当日チケット:¥4,200(tax in/D代別)

【Fan Meeting開催!】
Sチケットのお客様はライブ終演後、Fan Meetingにご参加いただけます。
1.ラウンドテーブル・ミーティング! 皆さんのところへメンバーが直接会いに行きます。
2.バンド対抗!壮絶?!カラオケバトル!!
3.出演アーティスト全員でお見送り&集合フォトをプレゼント!

※注意事項※
・当日の状況により、Fan Meetingの中止や、内容の変更による理由での返金・苦情は一切お受けできません。
あらかじめご理解・ご了承の上、お客様のご判断でSチケットのご購入をお願いいたします。
Sチケット、Fan Meetingに関するお問い合わせ先:JVKインフォメーション info@jvk.jp

チケット好評発売中!
詳細は【こちら】





stylish wave EXPERIENCE ”無礼区 #05”
2016年10月29日(土)渋谷REX
出演:ギガマウス(ゲスト) / Sick2 / スタア区。 / Neverland / BLaive / シビレバシル
OPEN 16:00 / START 16:30
前売り¥3,500- / 当日¥4,000- (消費税込み)
※オールスタンディング / 入場整理番号有 / ドリンク代別

club Zy.会員優先予約チケット受付!
(受付期間:2016年07月05日(火)12:00~2016年07月12日(火)16:00)
詳細は【こちら】
stylish wave MAX '17 “一撃乱舞”
stylish wave CIRCUIT '17 夏の陣
stylish wave EXPERIENCE ”無礼区 #07”

NEWS

ライブイベント

stylish wave CIRCUIT '17 夏の陣
stylish wave MAX '17 ”一撃乱舞”
stylish wave EXPERIENCE ”無礼区 #07”

フリーペーパー

club Zy MAG
Gab.

ショップ

zy_shop
001
002
003
004

オリジナル・フォトグッズ

zy_collaction
ページのトップへ戻る