TOP > INTERVIEW > ロングインタビュー特集 全4回連載:甘い暴力
甘い暴力
ロングインタビュー特集 全4回連載:甘い暴力

「現代のこじらせ女子達へ"スイート・バイオレンス ロック"を発信」をコンセプトに活動をスタートさせたのが、甘い暴力。メンバーは、元「少年記」のコウ(現・咲(さき))/eiki(現・文(あや))/Nao(現・義(よし))、黒姫の夢遊病のサポートドラマーだった啓(けい)の4人。咲と文は、これまで白日ノ夢のメンバーとして。咲と義は黒姫の夢遊病のメンバーとして活動。言うなれば、一度は袂を分かち2つに分裂したメンバーらが再度集結した形を取っている。12月18日には、限定 0th SINGLE『溺愛シット』を発売。ライブ活動も、年内は「stylish wave CIRCUIT '16 冬将軍」と「stylish wave COUNTDOWN '16-'17」への出演が決まっている。甘い暴力、その全貌をここに紹介しよう。

撮影:菅沼剛弘 / インタビュー:長澤智典
Photographs by Takehiro Suganuma / Interview by Tomonori Nagasawa

第1回第2回第3回up!第4回

これから甘い暴力として始まる活動の片鱗をチラ見せしていくよ。

――最初の記事を目にする頃は、12月3日にOSAKA RUIDOで開催になる「白日ノ夢×黒姫の夢遊病 ダブルワンマン『最終面会』」の直前時期になります。 白日ノ夢と黒姫の夢遊病が合体したバンド「甘い暴力」の活動を発表したのが、11月23日に渋谷REXで行われた「黒姫の夢遊病×白日ノ夢 ダブルワンマン『最後の戯曲』」の日で良いんですよね。
 この取材をしている時点ではまだその日を迎えていませんが、11月23日のタブルワンマンの日に甘い暴力の活動を表明します。

――白日ノ夢と黒姫の夢遊病の物語に結末をつけたのが、11月23日に行った渋谷REXで行われた「黒姫の夢遊病×白日ノ夢 ダブルワンマン『最後の戯曲』」。この取材時点では、これからその日を迎える形とはいえ、内容もだいぶ見えているのでしょうか??
 白日ノ夢も黒姫の夢遊病も、結末は見えています。

――その結末が、とても気になります。
 白日ノ夢が求め続けてきた「僕と一つになる」、黒姫の夢遊病が求めていた「誰かが私を呼んでいる」。互いに「白日ノ夢が見せた物語」「夢遊病が見せた夢」を掲げてきたように、「夢」という共通項があります。その「夢」が、ワールドラインという名の世界線を超え一つになっていく物語を11月23日には描きます。そしてこの日、正式に甘い暴力の活動を発表しているはずです。

――これまでの活動の中、白日ノ夢のセラと黒姫の夢遊病のリィザは一緒の人だと気づいてた人達も相応にいたのでしょうか??
 居たと思います。だけど、自分らにとって重要なのは、それを予測されるされないとか、「いつか二つのバンドが合体するんじゃないか??」と想像を膨らませてくれてた子たちが居たとかよりも、それぞれのバンドを応援してくれていた人達に、甘い暴力を応援したくなる喜びを与えていくことが何よりも重要なんです。

――なるほどね。12月3日には、OSAKA RUIDOを舞台に「白日ノ夢×黒姫の夢遊病 ダブルワンマン『最終面会』」が開催になります。この日はみなさん、甘い暴力の存在を知ったうえで白日ノ夢と黒姫の夢遊病のライブを観に来ると思うのですが、それぞれどんな内容になるのでしょうか??
 甘い暴力という新しいバンドに対する期待感も寄せたうえで観てもらえたらなという気持ちもありつつ。僕らも、きっとファンの子たちも、白日ノ夢や黒姫の夢遊病が終わりを告げることに淋しさを覚えてくんじゃないかと想像します。

――それぞれのライブの中、甘い暴力の片鱗も垣間見せる形でしょうか??
 チラッとですが見せていくつもりでいます。この日のライブを体感すると、12月18日からスタートする甘い暴力の活動がどういうものになるのかを少しは感じれるかも知れません。
 正直、黒姫の夢遊病が終わるのは淋しいこと。でも同時に、甘い暴力が始まることへの嬉しい期待も持って、その日のライブには臨むんじゃないですかね。3日に行う黒姫の夢遊病のライブの中でも、ちょっとだけスイート・バイオレンス ロックをしちゃおうかなとも思っていますから。

――その片鱗も見せようと。
 チラッと…。チラ見せしようかと思っています(笑)。

――そこは文さんも一緒ですか??
 自分も、白日ノ夢のチナとして最後のステージになる。もちろん白日ノ夢の活動を本気でやってきたからこそ、この日を持って白日ノ夢の楽曲を演奏することも最後なんだと思うと、若干淋しい気持ちも出るんでしょうけど。いつも白日ノ夢のライブを演りながら感じているのが、どんな感情が目の前に渦巻いていても、白日ノ夢としてライブを始めたら熱い気持ちが勝ってゆく。だからこの日も、いつも通りの暴れるライブを演っていくつもりです。

――白日ノ夢としても、甘い暴力の片鱗を…。
 黒姫の夢遊病が見せていくのなら、白日ノ夢もそこはチラ見せしてやります(笑)。

――啓さんは、どんな意識で臨みます??
 サポートドラマーとしての役割を果たしながら。そのうえで、これから甘い暴力として始まる活動の片鱗をドラマーとしてもチラ叩きしていくよ。




甘い暴力を完全に別物として始めるためにも、白日ノ夢と黒姫の夢遊病は12月3日のライブで綺麗に完結させていきたい。

――甘い暴力の活動以降は、白日ノ夢や黒姫の夢遊病の楽曲は完全に封印する形なのでしょうか??
 そうしていきます。

――それ、もったいなくないですか??
 正直言うともったいないです。
 もったいないし、淋しいんですけど、それぞれの活動は12月3日で封印することだから…。

――確かにそうなりますからね。中には、甘い暴力で演奏しても通用する楽曲もいろいろあるんじゃないですか??
 確かにあります。ただし、白日ノ夢と黒姫の夢遊病を立ち上げたときに共通していたレゾナンス(共鳴)というテーマは、白日ノ夢と黒姫の夢遊病の中でともに共鳴しあう音楽性として存在は出来たかもしれないですが、甘い暴力は、先の二つのバンドが描き出した中で感じた想いがコンセプトになっているとはいえ、それぞれのバンドを進化させ繋げたものではなく、あくまでも「まったく新しい存在」として認識している。だから、過去の曲たちを甘い暴力でも生かすことはないです。

――そうなんですね。
 もっと言うなら、甘い暴力の咲と白日ノ夢のセラや黒姫の夢遊病のリィザは別人なんですね。あくまでもセラはセラであり、リィザはリィザという人格を持った存在。そういう異なる人物たちを無理矢理甘い暴力の咲の持つ意志や世界観へ繋げてもほつれが生まれてしまう。だからこそセラとリィザと咲を結びつけるつもりもなければ、完全に別物として始めるためにも、白日ノ夢と黒姫の夢遊病は12月3日のライブで綺麗に完結させたいんです。

――そのうえで次のステージへ向かおうと。
 そうです。




望んでなかったと言ったら嘘になるけど…。今は、素直に「嬉しいね」とだけ返しておくよ。

――これを読んでいる方々の多くが、少年記の解散以降、なぜ白日ノ夢と黒姫の夢遊病が誕生し、どうして甘い暴力へ繋がったのか?? そこを知りたがっていると思います。
 少年記を解散して以降、僕自身はそれぞれにテーマを持った二つのバンドに関わりながら、でも、二つをずっと別々に存続させていく意識でした。僕自身、セラとリィザ、二つの異なる表情や物語を楽しんで表現していけば、ゼルもチナも、互いに変わらぬ交流を持ちながら。僕と同じように、それぞれのバンドが描いたコンセプトを楽しんでいました。

――普段から、白日ノ夢と黒姫の夢遊病の交流はいろいろあったのでしょうか??
 そんな頻繁にではないとはいえ、普通にありました。甘い暴力のドラマーとして参加した啓も、基本は黒姫の夢遊病のサポートドラマーとしてお願いをしていましたけど、たまに白日ノ夢でサポートしてもらうこともあったように、サポートメンバーでも二つのバンドに関わる人も実際にいたよう、そこの垣根はとくにありませんでしたからね。

――ということは、二つのバンドが一つに合体するのも自然な成り行きだったと…。
 白日ノ夢と黒姫の夢遊病のメンバーが一緒に集まったときなど、「いずれ合体したら面白そうだね」と会話を交わすこともあったんですけど。あくまでもその会話は、親しい関係だからこその雑談めいた話であって、互いのバンドともガチで展開を進めていたように、完全に別バンドという関係のもと進めていく予定でした。
あの頃、白日ノ夢につけていたキャッチコピーが「僕と一つになる」という言葉。人によっては、それが「甘い暴力を暗示していた言葉」と捉えるかも知れませんが、あくまでもその言葉は白日ノ夢の物語を押し進めていくうえでのテーマだったように、「甘い暴力へ繋がる布石」だったわけではけっしてありませんでした。

――いつ頃からなんですか??、二つの存在を一つにまとめようと思い出したのは。
 白日ノ夢と黒姫の夢遊病の活動を続けていく中、黒姫の夢遊病のサポートドラマーをお願いしていた啓が、黒姫の夢遊病が描き出す世界観にとても深く馴染んでくれば、彼のドラム演奏が黒姫の夢遊病自体にも影響を与えだした。その手応えを啓自身も感じていたんでしょうね、いつしか僕らと啓との間で「いつか一緒の仲間として演れたらいいね」という会話をしていました。その関係性が、甘い暴力へ繋がる布石になった面は強かったなと思います。

――甘い暴力誕生のきっかけになったのが、啓さんの存在だったんですね。
 結果、そうなりました。
 その言葉、なんか嬉しいね。

――本人も、それを望んでいたのでしょうか??
 望んでなかったと言ったら嘘になるけど…。今は、素直に「嬉しいね」とだけ返しておくよ。


第1回第2回第3回up!第4回

ニコニコ公式ブロマガ「club Zy.チャンネル」にも掲載中!!
2016年12月の特集アーティストとしてロングインタビューを先行配信&ここでしか見れない撮り下ろしフォトのアザーカット、ミニテーマインタビューを随時配信!
※パソコン、スマートフォンからご利用いただけます。
【club Zy.チャンネル】http://ch.nicovideo.jp/club-Zy/blomaga
携帯公式サイト「club Zy.チャンネル」でも特集中!!
特集アーティストとして、ここでしか見られないミニテーマインタビューを公開!
※ガラケーからのみご利用いただけます。
【club Zy.チャンネル】http://ch.club-zy.com
フリーペーパー「Gab.Vol.84」の表紙巻頭特集に登場!
現在無料配布中のV系フリーペーパー「Gab.Vol.84」の
表紙巻頭特集に甘い暴力が登場!
全国CDショップ、ライブハウスで無料配布中!一部店舗には未発表音源付きのGab.を配布中です♪

配布店舗一覧は[コチラ]
定期購読のお申し込みは[コチラ]


DIAURA / HAKUEI /GOTCHAROCKA / HERO / R指定 / ジン / BORN / 己龍 etc... 発刊!



<<0th SINGLE「溺愛シット」2016年12月18日(日)発売!>>
0th SINGLE「溺愛シット」
1.溺愛シット
2.本能

2016年12月18日(日)発売
¥1,000(税込) CRLC-0023



甘い暴力 始動記念ショーケースワンマンライヴ「甘い暴力」
2017年1月29日(日) OSAKA RUIDO
OPEN 17:00 / START 17:30
ADV¥2,410 (D代別) / DOOR¥2,410 (D代別)
プレイガイド
1.イープラス
2016年12月10日(土) 10:00〜 発売開始
■購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002209669P0030001
※購入枚数制限:1回のお申込みで2枚まで
※申込回数制限:2回まで
2.当日券
入場順:1 → 2
お問い合わせ:OSAKA RUIDO 06-6252-8301


2017年2月5日(日) 渋谷REX
OPEN 17:00 / START 17:30
ADV¥2,410 (D代別) / DOOR¥2,410 (D代別)
プレイガイド
1.イープラス
2016年12月10日(土) 10:00〜 発売開始
■購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002209670P0030001
※購入枚数制限:1回のお申込みで2枚まで
※申込回数制限:2回まで
2.当日券
入場順:1 → 2
お問い合わせ:渋谷REX 03-5728-4911

stylish wave CIRCUIT '16 冬将軍 出演!
2016年12月18日(日) 新横浜NEW SIDE BEACH!!
出演:甘い暴力 / ViV / ジン / アンフィル / Sick2 / Neverland / BLaive
●ファンサービス・終演後お手紙受け渡し会有り!

2016年12月24日(土) 大阪MUSE
出演:甘い暴力 / the Raid. / ベル / ジン / ギガマウス / Purple Stone / Axkey

2016年12月25日(日) 名古屋E.L.L.
出演:甘い暴力 / the Raid. / ベル / ジン / ギガマウス / Sick2 / ASTARIA

前売り ¥3,800- /当日¥4,300- (消費税込み)
OPEN 16:00 / START 16:30 オールスタンディング / ドリンク代別途

▼詳細は下記バナーをクリック▼

stylish wave COUNTDOWN'16-'17 出演!
2016年12月31日(土) 新宿ReNY
開場14:30 / 開演15:30 ~終演25時(予定)
前売り¥5,800(税込) 当日¥6,500(税込)
出演: 甘い暴力 / ViV / グリーヴァ / ジン / ベル / 黒百合と影 / Chanty / ギガマウス / Sick² / アンフィル / Purple Stone / the LOTUS /exist†trace / ラッコ / Kra(guest) /
前売り ¥3,800- /当日¥4,300- (消費税込み)

※イベントの進行状況により、演奏開始・終了時刻が多少前後する場合がございます。
※本公演は深夜におよぶ公演の為、18歳未満の方は保護者の同伴もしくは保護者の同意書が必要です。
※オールスタンディング (入場整理番号有り ) /ドリンク代別
※当日は再入場可能です。

▼詳細は下記バナーをクリック▼

stylish wave CIRCUIT '17 春の嵐 出演!
2017年3月5日(日) 高田馬場AREA
出演:甘い暴力 / FEST VAINQUEUR(guest) / ベル / Purple Stone / Neverland / the LOTUS *後日発表バンド

2017年3月12日(日) HEAVEN'S ROCKさいたま新都心 VJ-3
出演:甘い暴力 / FEST VAINQUEUR(guest) / Chanty / Purple Stone / the LOTUS / シビレバシル(OA) *後日発表バンド

2017年3月19日(日) 高崎CLUB FLEEZ
出演:甘い暴力 / ゴシップ / Purple Stone / 0.1gの誤算 / the LOTUS / BLaive(OA) *後日発表バンド

2017年3月25日(土) 新横浜NEW SIDE BEACH!!
出演:甘い暴力 / ゴシップ / Purple Stone / 0.1gの誤算 / ラッコ / シビレバシル(OA) *後日発表バンド

2017年4月15日(土) 大阪MUSE
出演:甘い暴力 / FEST VAINQUEUR(guest) / the Raid. / Purple Stone / スタア区。/ Axkey(OA) *後日発表バンドド

2017年4月16日(日) 名古屋E.L.L
出演:甘い暴力 / the Raid. / ベル / Purple Stone / スタア区。 *後日発表バンド

【各公演共通情報】
OPEN 16:00 / START 16:30
前売り¥3,800-/当日¥4,300-(消費税込み)
オールスタンディング / 入場整理番号有り

入場順:
Aチケット…club Zy.プレミアム会員先行/club Zy.チャンネル会員先行→club Zy.一般会員先行
Bチケット…アーティストHP先行
Cチケット…一般販売

▼詳細は下記バナーをクリック▼

その他ライブ情報や最新情報は OFFICIAL WEBSITE をご覧ください。
【 甘い暴力 OFFICIAL WEBSITE 】
http://sweet-violence.jp/
stylish wave MAX '17 “一撃乱舞”
stylish wave CIRCUIT '17 夏の陣

NEWS

ライブイベント

stylish wave CIRCUIT '17 夏の陣
stylish wave MAX '17 ”一撃乱舞”
stylish wave EXPERIENCE ”無礼区 #07”

フリーペーパー

club Zy MAG
Gab.

ショップ

zy_shop
001
002
003
004

オリジナル・フォトグッズ

zy_collaction
ページのトップへ戻る