TOP > INTERVIEW > ロングインタビュー特集 全4回連載:アンフィル
アンフィル
ロングインタビュー特集 全4回連載:アンフィル

1月22日に新宿BLAZEで行った結成2周年ワンマン公演を成功に収めたアンフィル。その日の舞台上で発表になったのが、4月19日に2ndフルアルバム「PARADISE LOST」のリリース。5月17日にLIVE DVD「アンフィル 2nd Anniversary Oneman Live 「Lamplight&feel.-equal-」@新宿BLAZE」の発売。そして、8月に東名阪を舞台に行うワンマンツアーについてだった。
ここでは、2017年のアンフィルはどう進化してゆくのかを軸に、今後の動きについて伺った。

撮影:菅沼剛弘 / インタビュー:長澤智典
Photographs by Takehiro Suganuma / Interview by Tomonori Nagasawa
第1回第2回第3回up!第4回

アンフィルにとって3年目は、バンドを結成した当初から重要視していた年なんです。

――1月22日に新宿BLAZEで行ったワンマン公演をもって、アンフィルも結成2周年を迎えました。3年目へ突入した今の心境へ触れる前に、激動な日々を繰り広げてきた2016年の動きから振り返ろうと思います。昨年は、高田馬場AREAとTSUTAYA O-WESTでワンマンを行えば、秋には東名阪でワンマンツアーを実施。シングルも4枚リリースと、かなり勢力的に攻め続けた年になりました。
未月 自分たちが結成当初に定めていたワンマン公演や、その公演で掲げていた目標をすべて超えた年だったよう順調に進みながら、その中でも大変なことを幾つも乗り越え昨年は過ごし続けてきました。
1月22日に新宿BLAZEで行った2周年を記念したワンマン公演も含め、正直、活動1年目よりもさらに激しく活動を重ねてきた2年目だったのは実感しています。

――確かに、いくつもの挑戦を乗り越えながら…。同時に、スケジュール面でもかなりハードな日々を送り続けてきたんじゃない??
未月 スケジュール面での大変さは、活動を始めてから当たり前に続いていることなんです。昨年もワンマン公演を迎えるタイミングのたびに音源制作が重なり続けていたように、ワンマンのリハーサルやゲネプロと平行して楽曲のプリプロやレコーディングも当たり前に行っていた日々でした。

――シングル盤も『ラヴァ』『パロリニア』『Step bye Step』『Lamplight=melody』と、昨年は4枚発売したように、こちらも怒濤の制作を行っていましたよね。
未月 その4枚に加え、TSUTAYA O-WESTで無料配布した『アクア』の制作もあり、けっこうな数の楽曲を作り続けてきました。

――4月19日に2ndフルアルバム「PARADISE LOST」の発売も発表しましたが、もしや、ここへ収録する楽曲も昨年からレコーディングをしていたのでしょうか??
未月 アルバム制作はこれからですね。ただ、アルバムのリード曲は先にレコーディングして、MVの撮影は済ませました。

――ホント、休むことなく走り続けてるんだね。
未月 一昨年の暮れの時期にも「今年は終わるのが早かった」と言ってたんですけど。昨年暮れの時期にも、やっぱし同じように「今年も終わるのが早かった」と語っていたので、きっと今年の年末時期にも同じようなことを言ってそうな予感はしています。

――この取材は新宿BLAZE公演前に行っているので、まだ3年目へ突入する少しだけ前の時期。この記事を目にする頃には、アンフィルも活動も3年目に突入しています。バンドも3年目を迎えるとなると、いろいろ求められる内容にも違いが出てくるものなのでしょうか?
未月 今年は、過去2年間よりもさらに勢力的に活動をしないといけない年になります。アンフィルにとって3年目は、バンドを結成した当初から重要視していた年なんです。

――そこには、どんな想いがあるのでしょうか??
未月 3年目の活動の成果自体で、4年目以降のアンフィルの命運が導かれてゆく。そのためにも、絶対に踏み外せない活動の年になるのが、今年なんです。




自分たちのレベルよりもちょっと上を目指してゆくからこそ、バンドとしての意識レベルも常に上がっていくわけですからね。

――アンフィルにとって重要になる3年目の活動。その話へ入る前に、メンバーそれぞれに「自分にとって2016年はどんな意味を持った年」になったのか!?、そこから聞きたいなと思います。
未月 自分にとって大きな出来事といえばTSUTAYA O-WESTでワンマンライブを演ったこと。アンフィルとしては通算3回目のワンマンライブだったんですけど、ヴィジュアル系インディーズに於いてTSUTAYA O-WESTという場所は、自分たちの未来を指し示すレベルを決めるような場所だと思うんです。あのときはソールドアウトまで若干届かなかったとはいえ、ファンの子たちも大勢集まり、あの会場に相応しい形で素晴らしいワンマンライブを作ることが出来たし、何よりも一つの達成感を覚えたライブになりました。

――TSUTAYA O-WESTへ立つことは出来ても、それに見合う結果を伴わないと、あそこは演る意味のない場所。そういう面でも、アンフィルはしっかりと成果を残せたわけだ。
未月 結成した当初からTSUTAYA O-WESTは超えなきゃいけない場だと決めてたので、そこを乗り越えてこそ未来へ繋がると思うし、とても良い成果が残せたんじゃないかなと感じています。

――しかも結成から1年ちょいでTSUTAYA O-WESTで成果を上げ、その会場を乗り越えたように、成長の速度も速いなと感じています。
未月 ただし、言うほど簡単に超えてきたわけではなかったです。アンフィルは、つねにちょっと高いところを目指しながら何事に対しても挑み続けてきたバンド。同じ規模のライブハウスでのワンマンライブを繰り返してても、すごくつまんないと思うんです。そうではなく、その時点での自分たちのレベルよりもちょっと上を目指してゆくからこそ、バンドとしての意識レベルも常に上がっていくわけですからね。




毎回「その日のアンフィルにしか出来ないライブをやる」という意志のもと、いろんな楽曲をライブごと詰め込むようになっていました。

――翔梧さんにとっての2016年は、どんな年でした?
翔梧 アンフィル結成から1年目は、本当にがむしゃらになりながら突き進んでいた年でした。あの頃は、わからないことさえも挑戦という意識のもと、つねに新鮮な気持ちで突き進んでいたので、そこに楽しさを感じていました。何より1年目は、自分たちが思ってた以上に「自分たちの想定していた目標」を順調に超えることが出来ていた。
そこを踏まえての2年目ということから、良い意味でも悪い意味でもどこか自分たちに甘えが出てきていて。それがアンフィルにとっての2年目でした。だからこそ、そこの気持ちとメンバー全員でしっかり向き合いながら、改めて「アンフィルとは一体どういうバンドであり、どうしていくべきなのか!?」を話し合い続けてきたのもアンフィルにとっての2年目なんです。言うなれば僕にとって2016年は、アンフィルを通しバンドやメンバー自身と向き合えた年になったなと思います。

――1年目以上にシビアな結果を求められるのが活動2年目になるわけですからね。
翔梧 そうなんです。しかも成長するたびに変化を感じれていたのが、対バンしてゆくバンドさんが自分らよりも先輩方が多くなって、「アンフィルにしか出来ないものとは一体何だろう?」ということもより深く考えるようになった。活動1年目は、いわゆる「ライブに於ける鉄板曲」を軸にライブをしていたけど。2年目のときは、毎回「その日のアンフィルにしか出来ないライブをやる」意志のもと、いろんな楽曲をライブごと詰め込むようになっていました。
もともとアンフィルは楽曲表現の幅自体が広いからこそ、「鉄板曲に頼るのではなく、そういう面をライブでも毎回見せながらアンフィルの世界観を作りあげよう」とチャレンジし続けてきました。そこが2年目のアンフィルのライブに於ける姿勢でした。それが成長へと繋がったし、3年目へ向けた良い橋渡しになったとも感じています。

第1回第2回第3回up!第4回

ニコニコ公式ブロマガ「club Zy.チャンネル」にも掲載中!!
2017年2月の特集アーティストとしてロングインタビューを先行配信&ここでしか見れない撮り下ろしフォトのアザーカット、ミニテーマインタビュー・動画コメントを随時配信!
※パソコン、スマートフォンからご利用いただけます。
【club Zy.チャンネル】http://ch.nicovideo.jp/club-Zy/blomaga
携帯公式サイト「club Zy.チャンネル」でも特集中!!
特集アーティストとして、ここでしか見られないミニテーマインタビューを公開!
※ガラケーからのみご利用いただけます。
【club Zy.チャンネル】http://ch.club-zy.com
フリーペーパー「Gab.Vol.85」の表紙巻頭特集に登場!
現在無料配布中のV系フリーペーパー「Gab.Vol.85」の
表紙巻頭特集にアンフィルが登場!
全国CDショップ、ライブハウスで無料配布中!

配布店舗一覧は[コチラ]
定期購読のお申し込みは[コチラ]



the Raid. / DIAURA / HAKUEI /GOTCHAROCKA / HERO / R指定 / ジン / BORN / 己龍 etc... 発刊!



<<2nd Full Album「PARADISE LOST」 4月19日(水)発売!!>>
[初回盤](DVD+CD)
DSI-005/¥3,611(+tax)
11曲入予定
[発売元] dotSIX Inc.
[販売元] ONG DISTRIBUTION

[通常盤](CD ONLY)
DSI-006/¥3,056(+tax)
13曲入予定
[発売元] dotSIX Inc.
[販売元] ONG DISTRIBUTION

<「PARADISE LOST」発売記念・入場フリー1時間店員イベント>
■4/19(水)渋谷ZEAL LINK 18:00-19:00
※入場フリーイベント
当日CD購入者・ご予約お引き取りのお客様へ
メンバー全員から握手&5/13(土)渋谷ZEAL LINKイベントチケット発券!

<「PARADISE LOST」発売記念インストアイベント>
■4/28(金)大阪ZEAL LINK
[START] 18:00
[内容] トーク(ハルプロデュース企画)&6ショットチェキ撮影会
■5/1(月)名古屋ZEAL LINK
[START] 18:00
[内容] トーク(棗プロデュース企画)&6ショットチェキ撮影会
■5/6(土)ライカエジソン東京店
[START] 12:00
[内容] トーク(未月プロデュース企画)&6ショットチェキ撮影会
■5/6(土)自主盤倶楽部
[START] 16:00
[内容] トーク(yukitoプロデュース企画)&6ショットチェキ撮影会
■5/13(土)高田馬場ZEAL LINK
[START] 13:00
[内容] トーク(翔梧プロデュース企画)&6ショットチェキ撮影会
■5/13(土)渋谷ZEAL LINK
[START] 17:00
[内容] トーク(アンフィルプロデュース企画)&6ショットチェキ撮影会

参加方法:全店共通
「PARADISE LOST」初回限定盤もしくは通常盤を1枚購入でイベントチケット1枚プレゼント。
撮影会:バンドで準備したチェキカメラのみとなります。
トーク:トークチケットは原則お一人様1枚の発券となりますので予め御了承下さい。
お問い合わせ:ご予約方法、イベント発券方法は店舗にて異なりますので各店へお問い合わせください。

<<Live DVD RELEASE!!>>
「アンフィル 2nd Anniversary Oneman Live 「Lamplight&feel.-equal-」@新宿BLAZE」
5月17日(水)発売
DSI-007/¥5,000(+tax)
[発売元] dotSIX Inc.
[販売元] ONG DISTRIBUTION


アンフィル Oneman Tour 2017「一石を投じる」
8月19日(土)大阪RUIDO
8月20日(日)名古屋ell.FITS ALL
9月02日(土)高田馬場AREA
9月03日(日)高田馬場AREA


[開場/開演]17:00/17:30
[前売]¥3,800(tax in)+DRINK代 ※3歳以上チケット必要
[チケット]現在、先行予約受付中!!
<オフィシャル先行受付のお知らせ>
・イープラスによる抽選受付となります。
・事前にイープラスの会員登録(無料)が必要です。
・受付期間中に下記URLへアクセスし、ページの案内に従いお申込ください。
・支払・受取方法や手数料につきましては、申込時にご確認ください。
【受付期間】2017/1/22(日)22:00~2017/2/12(日)23:59
【受付URL】http://eplus.jp/anfie17/  (PC・携帯・スマホ)

一般発売:2017.04.22(Sat)
ファンミーティングイベント「祭&feel. 2017 春」
2017年4月2日(日) 渋谷REX
[OPEN/START] 17:00/17:30
[前売/当日] ¥3,800/¥4,300
[チケット]
イープラス
・発売日 2月18日(土)
※詳細は後日発表
主催イベント「#秘密の花園」
2017年5月12日(金) 高田馬場AREA
[開場/開演]16:30/17:00
[前売/当日]¥3,800/¥4,300(tax in)+DRINK代
[出演]アンフィル / 他
[チケット]
イープラス
・発売日 3月11日(土)
※詳細は後日発表
その他イベントスケジュール
2月11日(土) 名古屋E.L.L
2月12日(日) 大阪RUIDO
2月17日(金) 新宿Zirco Tokyo
2月18日(土) 伏見JAMMIN'
2月19日(日) アメリカ村DROP
3月05日(日) 渋谷REX
3月11日(土) 高田馬場AREA

その他ライブ情報や最新情報は OFFICIAL WEBSITE をご覧ください。
【 アンフィル OFFICIAL WEBSITE 】
http://anfiel.tokyo/
stylish wave MAX '17 “一撃乱舞”
stylish wave CIRCUIT '17 夏の陣
stylish wave EXPERIENCE ”無礼区 #07”

NEWS

ライブイベント

stylish wave CIRCUIT '17 夏の陣
stylish wave MAX '17 ”一撃乱舞”
stylish wave EXPERIENCE ”無礼区 #07”

フリーペーパー

club Zy MAG
Gab.

ショップ

zy_shop
001
002
003
004

オリジナル・フォトグッズ

zy_collaction
ページのトップへ戻る