TOP > INTERVIEW > TЯicKY ニューシングル『バナナの皮を捨てるな』インタビュー
TЯicKY
TЯicKY ニューシングル『バナナの皮を捨てるな』インタビュー

来たる6月28日、TЯicKYの2017年第一弾シングルとなる『バナナの皮を捨てるな』がリリースされる。
昨年の夏・冬シングルに続く通算4枚目のシングルとなる今作は、自身初となる2タイプ同時発売。
衝撃・笑撃の楽曲、歌詞、ジャケットについてTЯicKYに話を聞いた。




ワンマンツアーのエネルギーを作品に

――昨年から今年を跨ぐワンマンツアーお疲れ様でした。
今回は6月にリリースされるニューシングル、『バナナの皮を捨てるな』についてお話を伺いたいと思います。宜しくお願いします。

TЯicKY: ちゃお!(´・ω・`)しゃきん(`・ω・´)ぶわ(´;ω;`)TЯicKYです!よろしくお願いします!

――宜しくお願いします。
ちょうど1年前の昨年6月に『いかすぜ!サマースライダー』、10月に『来年こそはのクリスマス』と、2枚のシングルをワンマンツアー中にリリースされました。そしてツアーが終了したらすぐに今作がリリースされます。
1年で3枚のシングルリリース、なかなかのハイペースだと思うのですが。

TЯicKY: そうですね。今までにないペースです(笑)
昨年の2枚は「連作シングルを作ろう」という企画から始まったものでしたが、今回はどちらかというとワンマンツアーがキッカケで出来たシングルなんです。

――ライブ向きの曲を作ろうと?
TЯicKY: 意図的に「ライブ向きの曲にしよう」とは特に思っていなくて。
ワンマンツアーで頂いたお客様からのパワーや、自分自身がライブを楽しんだという感覚、そしてこのツアーで得たスキルや反省点…そういった全てが合わさって、楽曲のインスピレーションが湧いた感じです。

――なるほど。かなり収穫のあったワンマンツアーのテンションをそのまま作品に注ぎ込むようなイメージですね。
TЯicKY: ハイ、そのエネルギーをそのまま詰め込んだような作品になりました。
それは「ハイテンションな楽曲」という意味ではなくて、や、楽曲も確かにハイテンションなんですけど(笑)。

――大丈夫ですわかります(笑)。
では、その収録曲についてお話を聞いていこうと思います。




バナナの皮を捨てるな(A盤・B盤共通)

★楽曲コメント★
テンションの高いパンキッシュなデジタルロックナンバー。
持ち味であるキャッチー&ポップな歌メロを、激しいギターリフとノイジーなSEが混在するトラックに乗せてハイテンションで駆け抜ける。
本人が“TЯicKY流ことわざ”と語る、因果応報をコミカルに描いた歌詞にも注目。

――爆発力のある曲ですね。骨組みだけはわりとすんなり出来たと聞きましたが。
TЯicKY: まさに爆発力を意識しました。
前作が所謂“良い曲”すぎたので、今回はライブ映えするちょっとふざけた速い曲にしたいなと。
勢い任せに作ったからデモは早かったですね。
ただその反面、ややとっちらかってしまったので細かい調整と歌詞は例によって苦労しましたけど(苦笑)。

――デモ段階と較べるとかなりソリッドなサウンドになりましたよね。
TЯicKY: ええ、それはいつも通りアレンジャーのひもりん(マジョリカ・マジョルカ・マジカル☆ひもり/Jin-Machine)様々な部分も大きいですが(笑)。
パンクというかメロコアというか、そういった色もある曲なので、いかにコンパクトに聴いてもらえるかはとても意識した部分です。
サビのムリな高音とか、往年のメロコアっぽくないですか?

――メロはソレっぽいですね(笑)。
イントロのギターリフなんかは、更に時代を少し遡ったハードロックやバッドボーイズロックの匂いもしますし、そこに加わるデジタル要素も大きいし。
そうやって聴くとやはり以前から公言している通りhideさんの影響を感じます。

TЯicKY: そうですね、hideさんのオマージュ(トリ氏、含み笑い)な部分もありますし。
それらをまとめても決して古臭くならないという点でhideさんを参考にしている部分が大いにあります。
とにかくキャッチーなサビは一度聴いたら忘れないと思うので、是非ライブで暴れてもらいたいですね。

――ライブでのキラーチューンがまた一曲増えましたね。私はまだライブでこの曲聴いてないので楽しみにしています。
そして歌詞ですが、ふざけた(失礼!)タイトルとは裏腹になかなか深いというか。

TЯicKY: 基本的に私はタイトルから作っていくことが多くて、今回もタイトル先行で、インパクトオンリーで色々捻り出したんですよ。
他にも『叫べ!たい●きくん』だとか、『焼いてない焼きそば』だとか(笑)
でも打ち合わせで前述のふたつはNGが出まして、『バナナの皮を捨てるな』に落ち着きました。
最初は単純にタイトル通り、危ないから捨てるな的な内容だったんですが、ストーリー性が欲しくていじくっていたら、コトワザみたいなのが良いんじゃないかと。

――内容もそうだし、確かに言われてみれば字面もコトワザっぽく見えてきたかも。
TЯicKY: ですよね。ナントカの法則みたいな、因果応報とあるあるネタのミックスです。さらに、ネットで調べたらバナナの皮にも使い道がちゃんとあって、捨てないで!って言うトリプルミーニングでもあります(笑)
表記上の遊びもちょっと入れたりしてるので歌詞カードも楽しんで見てくださいね!



恋愛定義・「仮契約」-2017-(A盤のみ収録)

★楽曲コメント★
デモ音源収録の人気曲が待望のリメイク。
原曲の持つ切ない雰囲気を更に増長させる新アレンジ。終盤のドラマティックな怒涛の展開は感涙必至。

――ついに再録されました。
私も散々リメイクせいリメイクせい言っていたので嬉しいです(笑)。
その経緯を教えてください。

TЯicKY: ありがとうございます(笑)。
時期的には、全国ツアーセミファイナル東京の直前の打ち合わせで、次回作にリメイクを収録する事は決まっていたんですよ。
たしかまだ箝口令が敷かれていたのに、ライブのMCで口走ってしまった記憶があります(笑)。

――その時点でどの曲を、というのも決まっていた?
TЯicKY: いえ、その次の打ち合わせで2種リリースが決まって、その後に選曲しました。
でも『恋愛定義・「仮契約」』だけは半ば強制的でした。
知り合いにリメイク話をした時に、第一声が「仮契約は決定でしょ、あと1曲何にしたらいいかねえ?」だったんで(笑)。
元々自分の中でも候補の中に『恋愛定義・「仮契約」』は入ってましたんで、まぁ知り合いもそう言ってるし悩む手間が省けていいか、とすんなり決定しました(笑)。

――原曲とガラリと変わったアレンジ、素晴らしいですね。
TЯicKY: ひもりんマジックです。凄すぎます。
これは完全に自由にアレンジしてくださいと依頼したんです。原曲は原曲で成立した世界観なので、この曲のリメイクは別解釈が必要だと思って。
そしたら想像以上とかそういう次元じゃないものが返ってきました。
もはや新曲です(笑)。

――まずトラックの面だけでも数ページレビュー書けそうなくらい凄いですよね。
“間”を重視したコードリフから、歌に絡むテクニカルなフレーズが右チャンネルから入って来たり。
個人的なハイライトは間奏でした。ギターソロから流れるようにピアノソロに入るとこ。あれだけで涙出ますよ(笑)

TЯicKY: あの間奏があるからこそ最後のサビ連のドラマティックさが倍増しますよね。
感情の波が音だけで表現されている、とんでもないアレンジです。
メロディは全くそのままなのに、素晴らしい新曲に生まれ変わりましたよね。
だからその超絶に素晴らしいトラックに負けないように、歌も頑張りました!

――歌もまた良いですね。スキル的な面は勿論、「表現しにかかってるな」と思いました。
Aメロはクールでサビで原曲に近い歌い方になって、またAメロでクールに戻るっていう。

TЯicKY: これはまさにその通りで、2種類が同時に存在しているようなイメージなんです。
1つは、原曲同様主人公の女の子に入り込んで歌っている自分。
もう1つはメタ的というか。現在の自分が、過去の自分(原曲)を懐かしんで口ずさんでいるような。
後者でいうと、懐かしんで歌っているAメロからだんだん当時の感情が蘇ってきて、サビの頃には当時の自分になりきって歌う。でもその瞬間ふっと我に返って、2回目のAメロでまた懐かしむ目線に戻る、という感じですね。

――実際聴いてみるとよくわかると思いますので、リスナーの皆様にも意識して聴いて欲しいですね。
TЯicKY: そうですね。10年経って曲中の女の子が大人になったような歌とアレンジを聴いて頂けたらと思います。



沈没寸前-2017-(B盤のみ収録)

★楽曲コメント★
デモ音源収録の人気曲リメイクその2。
やんちゃに跳ね回る原曲を更にブラッシュアップした仕上がり。今迄以上にライブで盛り上がる事間違いなし!

――そしてリメイク2発目は『沈没寸前』。
こちらは原曲に忠実なアレンジとなっています。

TЯicKY: はい、これはひもりんに『原曲に近い形で、とにかくゴージャスにして欲しい』と依頼しました。『恋愛定義~』が超サイヤ人なら、こちらは界王拳みたいな(笑)

――わかりやすい(笑)
姿形は変えずにパワーだけが増すような感じですね。

TЯicKY: はい。また歌詞的には「沈没寸前の泥船」なのに「ゴージャス」なアレンジっていうのも自己皮肉っぽくて私らしいかなと思います(笑)。
これもまた良いアレンジをして頂いて、ギラギラした感触が聴いていて気持ち良いです。
バナナ、恋愛定義、そしてこの沈没寸前とそれぞれ全く異なるカラーの曲ですが、アレンジも本当に素晴らしくひもりんはあらためて天才だなあと思いました!

――歌も音も原曲を踏襲しつつガッツリとタフに変貌していますからね。
きっとライブでも盛り上がるんじゃないですか?

TЯicKY: 個人的にバスドラの四つ打ちの音がすごくパワフルになっているのがとても心地よいです。ライブでやるのも楽しいですよ。昔池袋CYBERとか神楽坂DIMENSION(現神楽坂TRUSH UP!!)で良く歌っていて、最近はあまりやっていなかったのですがこうして、また再び頻繁に歌うとは思っていなかったです(笑)。皆さん一緒に大波小波しましょう!!



来年こそはのクリスマス(Radio edit)(A盤・B盤にそれぞれ収録)

★楽曲コメント★
前作『来年こそはのクリスマス』のアナザーバージョン。
セリフ部分は、A盤B盤それぞれ原曲とは違うテイクを使用し、曲はショートバージョンに編集された。

――最後は2タイプそれぞれ別Ver.の収録となった『来年こそはのクリスマス(Radio edit)』。
これはボーナストラック的な位置付けですか?

TЯicKY: そうです。元々レコーディングの際に名塚さん(声優・名塚佳織氏)に色んなテイクを録ってもらっていて原曲はあのテイクを採用したんですが、他のテイクも本当に素晴らしくて。

――原曲の制作中ものすごく悩んでましたよね、どのテイクにするか。
TЯicKY: はい。でも初披露した時のライブのMCで「いずれ他のテイクも何かしらの形で発表したい」と話したので、今回実現出来てよかったです。
セリフが原曲とは全く別の声や話し方で、楽曲自体のイメージもガラッと変わります。

――セリフ自体は原曲と全く一緒なのに不思議ですよね。
TЯicKY: あれこそプロの技だと思います。原曲・今回のA・Bと3パターンあるので、聴いてくれた人達には各々どれが刺さるのか楽しみですね。
私?私は選べない、全部好き(笑)。



狂気溢るるジャケット


 

――そして絶対に触れなければならないのが、ジャケット。
あのね、狂気しか感じない(笑)。

TЯicKY: 恒例の裏さん(ex.遺伝子組換こども会)にお願いしました。
裏さんはずっとTЯicKYバンドでベースを弾いてくれていて、先日のライブ(※注:2017年2月27日渋谷WWWでのワンマン)で卒業という事になったんですけど、こうしてまた関わって下さっている事に感謝しています。

――毎回非常に素晴らしいデザインで楽しませてくれていますが、今回もある意味素晴らしい…というか本当にちょっとぶっ飛んでますよね(笑)。
TЯicKY: えぇ、相当難産だったと仰っていました。
前作と前々作は、夏・冬というテーマであったり連作であったり、そういう引っ掛かるところがあったのですが、今回は…
自分で言うのも何なんですが、「新曲のタイトル『バナナの皮を捨てるな』なので、ジャケデザお願いします!」と言われてすんなり出来る訳がないですよね(笑)。

――うんうん、TЯicKY悪いなぁと思います(笑)。
TЯicKY: しかしそれをあんな形で完成させて下さるとは!
改めて裏さんのセンスと狂気に脱帽&感謝です。

――…これ、もしかしたらまた店頭のPOPやパネルになるなんて事は…?
TЯicKY: ありえるかもしれませんね。
だってインパクト凄いでしょ?これがドーンと(笑)。パネルで大きく展開したらと思うとにやにやが止まりません(笑)。

――そして今回もシングルを引っさげたインストアイベントやライブが目白押しですね。
他にも色々企画はされてるんですか?

TЯicKY: まずはシングル絡みのイベントやライブが立て続けにありますし、それ以外にもまた皆で楽しめる企画を色々と考えていますのでお楽しみに。
近いところではワンマンツアーの感謝祭ということで無料ワンマンを行いますので、皆様是非遊びに来てください!(`・ω・´)



●ニューシングル情報
TяicKY ニューシングル
2017年6月28日 全国発売


『バナナの皮を捨てるな』
(POKR-0003~0004)
各¥1,080(税込)


[A-type収録曲]
1.バナナの皮を捨てるな
2.恋愛定義・「仮契約」-2017-
3.来年こそはのクリスマス(Radio edit type A)



[B-type収録曲]
1.バナナの皮を捨てるな
2.沈没寸前-2017-
3.来年こそはのクリスマス(Radio edit type B)


全作詞・作曲:TЯicKY

All Song arranged and Programed and guitar and Bass by
マジョリカ・マジョルカ・マジカル☆ひもり(Jin-Machine)

ジャケットデザイン:裏

発売元 POP Killer RECORDS
販売元 BM.3


【インストア情報】
6月28日(水)littleHEARTS.仙台店(19:00~)
7月8日(土)タワーレコード新宿店(13:00~)
※来場特典音源「HoneyBee-2017-」
7月15日(土)ピュアサウンドアメ村店(14:00~)
7月16日(日)fiveStars名古屋店(12:00~)
7月22日(土)Skull Rose福岡店(12:00~)
8月6日(日)ヴィレッジヴァンガード高円寺店(16:00~)
※アコーステックライブ(とりたんよへたん)
ライカエジソン東京店(19:00~)


【ライブ情報】
6月2日(金)心斎橋PARADIGM
6月9日(金)渋谷354club(※無料ワンマン)
6月29日(木)仙台某所
6月30日(金)渋谷Starlounge(深夜イベント)
7月8日(土)初台DOORS(※レコ発主催イベント)
7月15日(土)心斎橋PARADIGM
7月16日(日)名古屋HOLIDAY
7月22日(土)福岡DRUM SON(ワンマン)
7月28日(金)渋谷DESEO
7月29日(土)TSUTAYA O-EAST
8月26日(土)心斎橋BIG CAT
9月10日(日)名古屋DAYTRIVE(ワンマン)
10月14日(土)大阪戦国大統領(ワンマン)
11月18日(土)新宿MOTION(ワンマン)


【TЯicKY OFFICIAL WEBSITE】
http://kizokunotori.com/
OFFICIAL Twitter:
https://twitter.com/tri_sama
stylish wave COUNTDOWN '17-'18
stylish wave CIRCUIT '17 冬将軍

NEWS

ライブイベント

stylish wave CIRCUIT '17 冬将軍
stylish wave MAX '17 ”一撃乱舞”

フリーペーパー

club Zy MAG
Gab.

ショップ

zy_shop
001
002
003
004

オリジナル・フォトグッズ

zy_collaction
ページのトップへ戻る