TOP > INTERVIEW > ロングインタビュー特集 Aiji(LM.C)
Aiji
ロングインタビュー特集 Aiji(LM.C)


インタビュー:杉江由紀
Interview by Yuki Sugie
前編up!後編

――最新アルバム『VEDA』と連動した【TOUR 2017「Veda」】で、先日までLM.Cは全国を廻っていました。まずは、今回得られた手応えについて教えてください。
Aiji ひとことで言うなら、凄く良いツアーでしたね。『VEDA』はこれまでの流れからいくと、LM.Cにとってちょっと毛色の違う作品だった分、始まった当初は演出部分も含めていろいろと手探り感があったりもしたんですけど、結果的にはそこから日々どんどん進化していくようなツアーだったんですよ。

――東京での初日公演の時点で、ライヴとしての熱量は相当に高まっていた印象ですから、5月1日に名古屋でファイナルを迎えた頃には、きっとあらゆる面で大変なことになっていたのでしょうね。
Aiji 「正直、初日とファイナルを比べたら「別のバンドなんじゃないの?」っていうくらいに、ライヴバンドとしての完成度は高まっていたと思います。ほんと、良い意味でアルバムツアーらしいツアーが出来ました。24ヵ所での25公演を通して、『VEDA』の世界をより深めていけましたね。

――Aijiくんからすると、『VEDA』の中で特にライヴの中での“化けっぷり”が強かったと感じるのは、どういった曲になりますか。
Aiji あー、もう全部ですよ。その中でも特にということだったら、「THE BUDDHA」とか、「GaMushaRa」とか。そのへんはある意味わりと想像通りに化けていってくれた感じで、意外性という点では「Avocado」なのかなぁ。歌詞の世界観的には、別にライヴで騒ぐような感じでもないはずなんですけど、ツアーを経ていくうちにセットリスト的にも気が付いたらライヴ後半に持ってくるような曲になっていて、完全にアゲ曲になってましたね。まぁ、曲調の部分でいえば普通にそうなってもおかしくない要素を持った曲ではあったので、そこのポテンシャルがライヴでより表面化していった、っていうことなのかもしれないです。

――やはり、ライヴやツアーでやってみて初めて生まれる感覚というのはあるのですね。
Aiji だから、初日からファイナルに至るまでの1本1本が常に新鮮だったし、日々変化していくその感覚も面白くて、どのライヴも想い出深かったし、味わい深かったですよ。明らかに、『VEDA』を出す前とは違う新しいムードみたいなものがフロアにも空気として漂っていましたよね。

――そんな充実のツアーの中で、何かエピソードのようなものが生まれた場面などがありましたら、それについても知りたいです。
Aiji 個人的には、ちょっとした旅行気分も味わいながらのツアーだったりしました。

――今回は、2月末の冬の終わりから始まって、5月に入った春の終わり頃までという、きっと季節的にも春を満喫できたツアーになったのでしょうね。
Aiji そこがね。春そのものは、花粉症の人間からすると出歩くのはちょっと苦手なところがあるんですよ(苦笑)。ただ、今回に関してはせっかく行ったんだし、せっかく来ているんだしというところで、そこそこアクティヴに出掛けたりしたんですよ。

――具体的には?
Aiji たとえば、香川県に行ったときは現地オフの日に小豆島に初めて行ってみたりね

――小豆島は映像や写真でしか観たことがありません。イメージ的には、国産オリーブが名産ということくらいしか知りませんよ。
Aiji あぁ、まさにまんまソレで合ってすよ。多分、小豆島としてはそれが1番の売りだと思うんで(笑)。俺もオリーブ園が併設されている、道の駅みたいなところにベーシストの高井くんとレンタカーして行きましたもん。

――小豆島でドライブとは乙ですね。他には、どんなところでどんなことを?
Aiji 今回は、呑みに行ったりもよくしてました。ちょうど時期的に、知り合いのバンドたちも一斉にツアーをやっていたから、現地で一緒になった時は会うようにしてたんですよ。DIR EN GREYとかプラトゥリとか、A9とか。札幌では薫くんと滞在中2日、一緒に呑みましたね。大阪では正くんと、太朗(竜太朗)と、ケンケンと。正くんと呑んだのなんて、18年ぶりだった気がする(笑)。

――随分と久々だったのですねぇ。
Aiji それこそ、18年くらい前は正くんと太朗と一緒によく呑んでたんですよ。ただ、最近はずっと太朗とばっかりだったからね。京都では、A9のメンバーと朝まで呑みました。

――お元気で何よりです(笑)。
Aiji なんか、今回はたまたまタイミングが良かったんでしょうね。これまでは、そんなにツアー先で他のバンドのメンバーと呑むなんていうことはあんまり無かったんで、異例といえば異例でした。

――なるほど。そして、話はガラリと変わりますが、ツアーといえば荷造りが必須となりますよね。Aijiくんの場合は、荷物が多い方ですか?それとも少ない方ですか?
Aiji えー?どうなんだろう。そんなに多い方ではないかな。

――俗に、旅上手は持っていく荷物が少ないといいますよね。
Aiji 一応、ツアーには何時も自分が持っている中で1番デカいスーツケースは持っていくんですよ。でも、荷物自体はそんなに多くない。何故かっていうと、旅先で買ったモノだったり、ファンの人たちからプレゼントをもらったりした時に、入れられるようにしてあるんです(笑)。だから、俺のスーツケースは大きさのわりには軽いんですよ。逆に、mayaのスーツケースって最初からめっちゃ重いよね。アレ、何が入ってるんだろ??それは聞いたこと無いんだよな。
マネージャー氏 豆乳とか、飲み物が入っているみたいです(笑)。

――それは重くなって当然ですよ!
Aiji ですね(笑)。あ、でも次に9月から始まる【TOUR 2017「The Never-ending Veda」】に関しては、俺もちょっと荷物が増えるかも。最近、ホテルの枕が合わない感じがあるんで、ちゃんと自分の枕を持っていこうかなと思ってます(笑)。

前編up!後編
ニコニコ公式ブロマガ「club Zy.チャンネル」にも掲載中!!
インタビューを先行配信&ここでしか読めないミニテーマインタビューを随時配信!
※パソコン、スマートフォンからご利用いただけます。
【日刊ブロマガ!club Zy.チャンネル】http://ch.nicovideo.jp/club-Zy/blomaga
携帯公式サイト「club Zy.チャンネル」でも特集中!!
特集アーティストとして、ここでしか見られないミニテーマインタビューを公開!
※ガラケーからのみご利用いただけます。
【club Zy.チャンネル】http://ch.club-zy.com


HAKUEI / HERO / the Raid. / DIAURA / GOTCHAROCKA / R指定 / ジン / BORN / 己龍 etc... 発刊!


<<NEW ALBUM「VEDA」ON SALE!!>>

■通常盤
[CD only]
¥3,000+税 / VBCJ-60006
[収録曲]
1. The BUDDHA
2. GaMuShaRa
3. MONROEwalk
4. Fight Club
5. Avocado
6. 阿修羅
7. CHAKRA
8. Phobia
9. レインメーカー
10. Kiss me?
■完全生産限定盤
¥14,500+税 / VBZJ-34
<2CD+Blu-ray+DVD+スペシャルブックレット>
※アナログLPサイズ3Dジャケット豪華BOX仕様
[CD①] VEDA
通常盤と同内容

[CD②] VEDA –Instrumental Tracks-
1. The BUDDHA –Instrumental-
2. GaMuShaRa –Instrumental-
3. MONROEwalk –Instrumental-
4. Fight Club –Instrumental-
5. Avocado –Instrumental-
6. 阿修羅–Instrumental-
7. CHAKRA –Instrumental-
8. Phobia –Instrumental-
9. レインメーカー–Instrumental-
10. Kiss me? –Instrumental-

[Blu-ray・DVD] ※Blu-rayとDVDは同内容収録
■Go to the 10th Anniversary TOUR FINAL
☆★☆★☆Rock the WONDERLAND☆★☆★☆
■「The BUDDHA」Music Video
■スペシャルブックレット
※「The BUDDHA」ハイレゾ音源無料ダウンロードコード封入


LM.C TOUR2017 「The Never-ending Veda」
9月16日(土)長野CLUB JUNK BOX
9月23日(土・祝)柏PALOOZA
9月24日(日)F.A.D yokohama
9月30日(土)HEAVEN'S ROCK さいたま新都心
10月1日(日)HEAVEN'S ROCK 宇都宮
10月7日(土)札幌cube garden
10月9日(月・祝)山形MUSIC SHOWA Session
10月11日(水)仙台MACANA
10月14日(土)名古屋Electric Lady Land
10月15日(日)OSAKA MUSE
※大阪公演『-Team☆LM.C Limited-FC限定公演』となります。
10月17日(火)福岡DRUM Be-1
10月19日(木)岡山IMAGE
10月21日(土)福井 CHOP
10月24日(火)赤坂BLITZ


【前売チケット】
¥5,800(税込)ドリンク別
10/24公演のみ→¥6,300 

★LM.C オフィシャル先行受付
http://www.diskgarage.com/info/veda2017_ohp/
エントリー期間など詳細はLM.Cオフィシャルサイトでご確認ください
「maya BIRTHDAY LIVE 2017 」2days 開催!
『maya BIRTHDAY LIVE 2017 -前夜祭-』
7月29日(土) 渋谷クラブクアトロ

【OPEN/START】16:00 / 17:00
【チケット料金】6,000円(ドリンク別)/スタンディング
※6/24より一般発売有り

『maya BIRTHDAY LIVE 2017 -聖誕祭-』
7月30日(日)渋谷クラブクアトロ
[Team☆LM.C Limited]
【OPEN/START】16:00 / 17:00
【チケット料金】6,000円(ドリンク別)/スタンディング
★会員限定mayaへ直接プレゼントのお渡し権付き!
※会員証提示+当日のチケット提示でご参加いただけます。
※ライブ当日(7/30)の14:00会場集合予定~列が途切れ次第終了(時間が変更になる可能性もあります)
※Team☆LM.C 限定 一般発売無し

【お問い合わせ】DISK GARAGE 050-5533-0888(平日12:00~19:00)
hide presents MIX LEMONeD JELLY 2017 出演!
2017年8月5日(土) 新木場STUDIOCOAST
OPEN 11:00 / START 11:00
<1Fスタンディング>前売券¥9,800(消費税込み)オーダー別/入場整理番号有り
<2F 指定席>前売券 ¥12,800(消費税込み)オーダー別 ※特典グッズ付
※入場時にドリンク代 500 円が必要となります
※小学生以上有料、小学生未満入場無料

詳細はイベント特設ページからご確認下さい↓
MIXLEMONeDJELLY2017特設ページ :http://mixlemonedjelly.hide-city.com/

主催・企画:HEADWAX ORGANIZATION CO.,LTD.
制作:CITTA'WORKS
問い合わせ:チッタワークス 044-276-8841(平日12:00〜19:00)
The THIRTEEN SUMMER TOUR2017 IGNITION13
-東京拾参番勝負- 出演!
2017年9月18日(月・祝) 渋谷WWW
出演: LM.C / The THIRTEEN
前売り:¥4,500- (ドリンク代別途)
OPEN 17:00 / START 18:00
チケット一般発売日:6/11
特設ページ
http://the-thirteen.com/information/tour2017IGNITION13.php

LM.C TOUR2017「The Never-ending Veda」in TAIWAN
台湾公演決定!
2017年10月28日(土) 高雄駁二LIVE WAREHOUSE

open/start:17:30/18:00
チケット料金:1600元 /1800元(整理番号付き)
発売日:6月18日(日)PM12:00より

【日本からのチケットお申込み/お問い合わせ】
C10warehouse@gmail.com (日本語可)
※注意/海外公演は予告無く変更になる事がございます
AnimeFest 2017(アメリカ/ダラス)出演!
[開催期間]8/17,18,19,20
※イベント期間中、ライブ、握手会、トーク会、サイン会を予定しています。

[開催場所]アメリカ ダラス州
Sheraton Dallas Hotel (400 N. Olive Street Dallas, Texas 75201)

[イベント詳細]
https://animefest.org
その他ライブ情報や最新情報は OFFICIAL WEBSITEをご覧ください。
【 LM.C OFFICIAL WEBSITE 】
http://www.lovely-mocochang.com/
【 LM.C OFFICIAL Twitter 】
@LMC_staff
stylish wave CIRCUIT '17 冬将軍

NEWS

ライブイベント

stylish wave CIRCUIT '17 冬将軍
stylish wave CIRCUIT '17 夏の陣
stylish wave MAX '17 ”一撃乱舞”

フリーペーパー

club Zy MAG
Gab.

ショップ

zy_shop
001
002
003
004

オリジナル・フォトグッズ

zy_collaction
ページのトップへ戻る