TOP > REPORT > 【stylish wave MAX’17“一撃乱舞”−stylish wave CIRCUIT’17 夏の陣グランドファイナル−】 ライブレポート!  (2017年8月20日 新宿ReNY)
游彩,Purple Stone,THE BLACK SWAN,アヴァンチック,Sick²,甘い暴力,ベル,0.1gの誤算
【stylish wave MAX’17“一撃乱舞”−stylish wave CIRCUIT’17 夏の陣グランドファイナル−】 ライブレポート!  (2017年8月20日 新宿ReNY)



2017年8月20日、新宿RaNYで開催された【stylish wave MAX’17“一撃乱舞” −stylish wave CIRCUIT’17 夏の陣グランドファイナル−】。7月9日から【stylish wave CIRCUIT’17 夏の陣】として始まり、埼玉や仙台、横浜に大阪、名古屋と各地を回ったイベントだが、この日は最終日である。出演バンドも、もちろんファンだって気合の入り方が違う。
出演したのは、游彩、Purple Stone、THE BLACK SWAN、アヴァンチック、Sick²、甘い暴力、ベル、0.1gの誤算。今をときめく注目バンドばかりだ。今回は、このイベントの集大成の模様をお届けする。

レポート:姫野ケイ


□游彩


トップを飾ったのは游彩。ステージは和傘や提灯など和のテイストで彩られている。胸を締め付けられるようなメロディにVo.雨音類の声が切なく絡みつく。哀愁さが音となり、そして和というコンセプトで視覚化されたステージ。フロアは一つ一つの歌詞を噛みしめるよう聴き入っている。

「さあ、飛ばしていこうか!」という雨音の叫びと共に始まったのは「渇望」。「もっと狂いなさい」そう雨音が煽ると、フロアはヘドバンの嵐に。「通りゃんせ、通りゃんせ」の歌詞に合わせてメンバーも踊り狂う。その激しい音色とパフォーマンスにより、ステージとフロアが一体と化していた。

続いて、アップテンポでありつつも艶やかな『真宵路』。ぱっと花が咲いたかのよう、フロアは扇子が咲き乱れる。そして、フロアが揺れている。まだstylish waveは始まったばかりなのにこの熱気。游彩はあっという間にこの新宿ReNYを哀愁ロックの世界に引きずり込んでしまったのだ。

ラストは『色暮』。思わず体が動きそうになるほど、ノリの良いナンバーだ。雨音が巨大な扇子を広げて歌う様は、最上級にまで上りつめた遊女のような艶めかしさと力強さがあった。

「新宿ReNY、最高の景色でした! ありがとう!」
満足そうな雨音の感謝の言葉で、彼らのステージは締めくくられた。

[SET LIST]
1.雨
2.渇望
3.真宵路
4.色暮

※画像はクリックで拡大します
 
 



□Purple Stone


まるでクラブのようなアップテンポのSEが場がれる中、フロアにはサイリウムの指輪がチカチカと輝いている。登場したBa.風麻が「もっともっと!」と煽る。やがて、Vo.keiyaが登場し、『歌舞伎町バタフライ』へ。澄んだ声が響き渡った。ここは新宿西口だが、今、このフロアだけは歌舞伎町だ! フロアで輝くサイリウムの光は、浮世に生きる夜の蝶たちの生き様のようだ。

「一番激しいの、もってきたからね!」

その言葉と共に始まった『ブラスターボルテージ』。
タイトル通り、フロアのボルテージはますますうなぎのぼり。keiyaの声も天に向かって突き抜けていく。

ラストは『パニックパニック!』。ノリが良く、フロアの前から後ろまで全員がゾンビダンスをしている。老若男女、見るもの全てを虜にし、踊らせてしまう圧巻のエンターテインメント性をはらんでいる彼ら。

思わず、時を忘れたよう口を締めるのも忘れて見入ってしまった。誰もが楽しめるステージであったことは間違いない。

[SET LIST]
1.歌舞伎町バタフライ
2.Scar
3.ブラスターボルテージ
4.パニックパニック!

※画像はクリックで拡大します





□THE BLACK SWAN


転換中、怪しげなSEが流れる。その音がひときわ大きくなり、幕開けがすぐそこだと予想したフロアからは、メンバーコールが響き渡った。幕が開き、Gt.誠、Gt.樹、Ba.RENA、Dr.煉が登場。定位置につくのかと思いきや、前方に歩み寄り鋭い眼光を放ちながらフロアを煽る。続いて儿が登場した。

演奏が始まる前から気合がムンムン。最初のナンバーは『VOMITER』。アップテンポの爽やかなメロディの中に強靭さが見え隠れする。伸びのある儿の声が心地よくすっと体に入ってくる。そのまま怒りが詰め込まれた楽曲『RAGE』へ。とにかく力いっぱい演奏する様は、こちらまで心の中に積もったモヤモヤが全て昇華されそうだ。

他のバンドは4〜5曲演奏しているが、この日のTBSは3曲しか演っていない。その分、彼らは他のバンド目当てのお客さんまで巻き込んで気合と熱で攻める。

「何系とか関係ねーよ! 本気で来い!」

儿が叫び、Ba.のRENAはベースを肩に担いで中指を立てて煽る。
きわめつけは、儿がアカペラで、しかもマイク無しの地声で歌ったのだ。後ろまで声が届くほどの声量だ。誰しもが儿の歌う姿に目を奪われていた。ラストではDr.煉が魂の限りぶっ叩くと、笑顔でステージを去って行った。

[SET LIST]
1.VOMITER
2.RAGE
3.XXX IN THE BOX

※画像はクリックで拡大します





□アヴァンチック


オペラの荘厳なSEが流れる中、Gt.レイ、Gt.おたけ、Ba.篝、Dr.Hyu-gaが登場。おたけと篝、Hyu-gaはフードをかぶって下を向き、その表情を読み取ることができない。3人は怪しく舞って定位置へ。そして、Vo.NOAHが登場。

しょっぱなから『ねぇ…神様?』で、激しいヘドバンを飛ばす。そのステージからは悲痛な叫びが伝わってくる。悲鳴を上げているようなギターのフレーズに、さらに激しさと切なさの渦に巻き込まれていく。『アイドル』では左右のモッシュが沸き起こり、フロアが揺れる。メンバーもステージで暴れ狂う。

短いMCの後は『捨て猫』へ。切ない甘いメロディが体内を駆け巡る。煽りながら歌うNOAHに、オーディエンスは拳を振り上げて応える。

20分間という短いステージ。早くもラストの楽曲に。

「同期で声を流しているバンド多すぎじゃない? 俺がちゃんと歌ってやるよ!」 

という、NOAHの挑発的とも言える煽りで始まったのは『他人の不幸は蜜の味』。感傷的な感情を呼び起こすサビは、耳にいつまでも耳に残り、オーディエンスはその余韻に酔いしれたのだった。

[SET LIST]
1.「ねぇ…神様?」
2.アイドル
4.捨て猫
5.他人の不幸は蜜の味

※画像はクリックで拡大します





□Sick²


「それでは新宿、可愛いうさぎさんになってみようか」 

Vo.ジェネ★のセクシーボイスで始まった『罪と罰とマゾヒスト』。頭の上に手をやり、うさぎの耳のように見える振り付けでぴょんぴょんと舞うフロアと、痙攣したように歌い踊るジェネ。恐ろしくも好奇心の方が勝ってしまう不思議の国に迷い込んでしまった。そう実感せざるを得ない空間に心臓が高鳴る。

MCでは、ジェネ★がDr.大志の目元のメイクを「コレラ?」といじり、フロアの笑いを誘った。

大きく体を動かし、ときには後ろに反らせながらも熱唱し続けるジェネ★はジャケットを脱ぎ捨て、タンクトップ姿に。『CRAZY TOKYO』では、その鍛え上げられた肉体から、次々にエロチシズムを含んだ言霊が生まれては舞う。ラストの『ヴィデオドローム』では、フロア全体が激しいヘドバンを繰り出した。 

バンド名の通り、メンバーの病がフロアにも感染した、そんなステージだった。

[SET LIST]
1.罪と罰とマゾヒスト
2.PARAPHILIAPARANOIA
3.CRAZY TOKYO
4.ヴィデオドローム

※画像はクリックで拡大します





□甘い暴力


ちょうどメンバーの顔の位置に張り出された「糞みたいな男ばかり選んでしまう自分が嫌になる」という巨大な旗にドキッとした女子も多かったのではなかろうか。その苛立ちを見透かしていたかのよう、旗を引き裂いてメンバーが登場した。

「くたばっちまえ」 
Vo.咲の煽りにフロアはヒートアップ。しかし、咲はなかなかの毒舌である。

「自分のことブスやと思う人手を挙げてー!」「ブスは可愛い子たちに気を遣わないといけないから」
「お前らのブスな顔が見たい。かわいいな。本気にしてるん?」

本気なのかギャグなのか判断に戸惑っていると、『ちゅーしたい』でお祭り騒ぎのようなモッシュに突入。楽器を放り出したGt.文、Gt.義、Dr.啓がフロアに降り、次々にファンの顔にキスマークシールを貼っていく。

と、突然、怪獣が襲ってくるような仰々しいSEが流れた。そして、「現実」と書かれた大きなボードがメンバーに襲いかかる。

「現実が襲ってきたぞ!明日は月曜日だ」(咲)

フロアも一緒になってモッシュで現実逃避をすることとなった『現実逃避癖』。はしゃぎ回る楽曲が多かったが、ここからは一転。

「茶番は終わりだ。アタマを貸せ。」(咲)

『君、依存、タトゥー』、『名前が無い』と続き、聴かせる系の楽曲で幕を閉じた。

[SET LIST]
1.都合のいい女
2.調教してください
3.ちゅーしたい
4.現実逃避癖
5.君、依存、タトゥー
6.名前が無い

※画像はクリックで拡大します





□ベル


昭和歌謡系のSEが流れる。「歌モノ」勝負のベルの登場だ。安定感と演奏力に富んでいるベル。最初のナンバーは『やってない』。「鬼さんこちら 手の鳴る方へ」というフレーズでは、フロアが一緒にジャンプをする。演奏力と世界観のバランスが心地よく、違和感なくすっとベルの演出に溶け込んでいける。

頭の上で手をパタパタする、一見変わったモッシュで盛り上がったのは『ジェラシー』。Vo. ハロがでセクシーに歌い上げる。その歌にジェラシーを燃やしてしまいそうなほどだ。イントロのギターが軽快な『涙傘』でも、ハロが美しいビブラートを響かせる。

「新宿ReNYで過ごせて良かったと思います。またどこかで会えることを願って最後にこの曲を贈りたいと思います」

ハロがみんなにプレゼントをしてくれたと言えるラストの『Deneb』。空から何かが舞い降りてくるような表現力に、フロアはゆったりと身を委ねる。

「20分という短い間だったけど、体で音楽を楽しんでくれていることが伝わりました」(ハロ)

フロアはベルからの贈り物をいつまでも胸に刻み込んでいることだろう。

[SET LIST]
1.やってない
2.ジェラシー
3.涙傘
4.Deneb

※画像はクリックで拡大します





□0.1gの誤算


盛大なジャンプで登場したVo.緑川裕宇。
「1年半前に始動した俺らが、すぐ消えると言われた俺らが、stylish waveのトリまできたぞー!」

緑川の気分は上々だ。『【L】1126【悲劇】』ではフロアに降りて後ろにいたファンの手を引っ張って前につれて来たり、「靴投げるぞ!」と靴を投げたりと、やりたい放題だ。そこからの「俺からの強烈な愛情を受け取ってください」と、『溺愛ヤンデレボーイ』へ。むせ返るほど甘い香りがしそうな危険な愛情をフロアに撒き散らしているかのようだ。

ますます緑川の毒っ気は止まらない。
「俺らのパクリのバンド増えすぎじゃねぇかよ? クソドマイナー。下も上もパクリ過ぎてんだよ。あのパクリバンド死ねー! 所詮、このバンド業界戦いなんだよ。その戦いに終止符を打つ!」

そんな戦いを思わせる楽曲『男闘魂戦争卍燃えよ誤算光殺砲卍』へ。中華っぽいイントロや中華料理のメニューの歌詞、さらにサビの中国語など、個性的で他にこんな楽曲を作るバンドなど知らない。ここまで来ると、絶対にパクられたくないと思うはずだ。

ラストは「俺にしか扱えない曲」と緑川が断言する『有害メンヘラドール』。明るく可愛らしい歌詞から突然変調が起こり、誤算ワールドへと沈んでいく。テンションがMAXになった緑川は途中から歌うのをやめ、頭を振りまくった。フロアもヘドバンをし、緑川もヘドバンをするという、ライブでしか体験できない光景だ。

「俺らは常にこの業界の先頭を走ってやる!」

緑川の強い宣言には明るい未来しか感じられない。そして、一本締めで0.1gの誤算のステージは締められた。

[SET LIST]
1.【L】1126【悲劇】
2.溺愛ヤンデレボーイ
3.神と下克上
4.男闘魂戦争卍燃えよ誤算光殺砲卍
5.有害メンヘラドール

※画像はクリックで拡大します




全てのバンドの出演終了後、主催の星子誠一さんの呼び込みで全バンドがステージに集結。それぞれ一言ずつ感想を述べ、時には星子さんとじゃれ合う光景も見られた。そして、最後はサインボール投げ大会で大いに盛り上がった。

多くのV系ファンにとって、この夏の忘れられない思い出となったことだろう。

レポート:姫野ケイ







▶NEXT EVENT


stylish wave CIRCUIT'17 冬将軍
12月16日(土) 新横浜NEW SIDE BEACH!!
出演:Vexent / Neverland / MORRIGAN / THE BLACK SWAN / DAMY / シェルミィ / ハクビシン(OA)

12月23日(土) 大阪MUSE
出演:Purple Stone / Vexent / Neverland / -真天地開闢集団-ジグザグ / マイナス人生オーケストラ / Rides In ReVellion / CANIVAL(OA)

12月24日(日) 名古屋E.L.L.
出演:甘い暴力 / Vexent / Neverland / -真天地開闢集団-ジグザグ / マイナス人生オーケストラ / Axkey / CANIVAL(OA)

《- カウントダウン前夜祭 -》
12月30日(土) 渋谷REX

出演:Vexent / DAMY / CANIVAL / シェルミィ / Axkey / ハクビシン / ラミエル / FIXER /
   IGGY / BabyKingdom / 未完成アリス / 午前五時の殺意

【新横浜・大阪・名古屋公演】
前売り ¥3,800- /当日¥4,300- (消費税込み)
OPEN 16:00 / START 16:30 オールスタンディング / ドリンク代別途

【渋谷公演】
前売り ¥4,000- /当日¥4,500- (消費税込み)
OPEN 14:00 / START 14:30 オールスタンディング / ドリンク代別途

<チケット先行予約>
[Aチケット]
・WEB『club Zy.』プレミアム会員/モバイル&スマホ日刊ブロマガ!『club Zy.チャンネル』会員最優先
・WEB『club Zy.』一般会員優先
[Bチケット]
・アーティストHP先行予約 受付期間:8/23(水)18:00~8/30(水)23:59 
[Cチケット]
・一般発売 9/7(木)発売
入場順:A→B→C
stylish wave COUNTDOWN '17-'18
stylish wave CIRCUIT '17 冬将軍

NEWS

ライブイベント

stylish wave CIRCUIT '17 冬将軍
stylish wave MAX '17 ”一撃乱舞”

フリーペーパー

club Zy MAG
Gab.

ショップ

zy_shop
001
002
003
004

オリジナル・フォトグッズ

zy_collaction
ページのトップへ戻る