TOP > REPORT > 【stylish wave COUNTDOWN’17-’18】 ライブレポート!(2017年12月31日 新宿ReNY) ②
THE BLACK SWAN,K,游彩,Vexent,レイヴ
【stylish wave COUNTDOWN’17-’18】 ライブレポート!(2017年12月31日 新宿ReNY) ②



「stylish wave」毎年恒例の行事…そう、大好きなバンドたちと一緒に新年を迎えるイベント「stylish wave COUNTDOWN」。昨年も、12月31日に新宿ReNYを舞台に開催。
出演したのが、ベル/K/えんそく/Sick2/游彩/レイヴ/マイナス人生オーケストラ/MORRIGAN/THE BLACK SWAN/シビレバシル/Vexent。あのときの興奮を、ここに再現しよう。

TEXT:長澤智典


□THE BLACK SWAN


解散を5月に控えたTHE BLACK SWAN。限られた1本1本のライブを熱く胸に刻もうという理由もあるのか、ファンたちは登場時から拳を力強く振り上げ、舞台上へ絶叫をぶつけていた。

THE BLACK SWANのライブは、黒く重い衝動を叩きつけるように、超重量級な音が渦巻く『CALL MY NAME』からスタート。黒い唸りの中から響く哀切なフレーズに、儿の悲嘆を抱いた感情的な歌声。何より、サビで気持ちが暴発したときの凄まじい破壊音には、身体を大きく揺さぶる衝撃を覚えずにいれなかった。まさに、音楽の爆弾をTHE BLACK SWANは舞台上から落としてきた。観客たちが拳振り上げ全力で飛び跳ねる理由も納得だ。

哀愁味を抱いたスパニッシュなアコギの音色からの幕開け。そこへ儿のスクリームが重なると同時に、楽曲は一気に暴発。ドス黒い衝撃音で会場中を塗り潰そうと、THE BLACK SWANは『蟲聲』を突きつけた。暴れ狂いたい、でも、サビ歌では一緒に声を張り上げたい。彼らは心の慟哭を楽曲へ投影してゆく。その嘆きが底深いからこそ、こんなにも歌が痛く胸を揺さぶり、重い音が身体中へ響き渡るのだろう。

儿の絶叫を合図に、黒い音の雪崩を起こすよう激圧な音を轟かせ『THE HOPELESS』が飛び出した。 ヒステリカルでスピーディ、アグレッシブでノイジックな演奏の上で、朗々とした歌声が嘆きのドラマを描いてゆく。演奏が進むごとに感情の熱が上がりだす。これは、黒い熱狂の儀式だ。歌に身を預け、闇の中でみずからを開放してゆく。その痛みは、とても心地好い快楽にも通じていた。

感情の壊れた姿で絶叫する儿。これまで以上に狂った破壊的な衝撃音をTHE BLACK SWANは叩きつけた。『RUVISH』の演奏へ立ち向かい、野生な感情のまま騒ぎ狂え。それが、今は最上級の正解だ。全力で頭を振る観客たちの、なんて狂気的な熱狂度だったことか。

「思いっきりヤろうぜ!!」。最後にぶつけた『XXX IN THE BOX』でも、観客たちはフロアーを目一杯使い熱狂の宴の中、理性を捨て去り、狂女と化していた。永遠に続くかのように、狂った姿で作りだした逆ダイの応酬。それこそが、THE BLACK SWANが欲する最高の快楽だ。淫らに暴れ狂い、声枯れるほど絶叫してこそTHE BLACK SWANのライブ。この日も新宿ReNYという場へ、その存在を互いに証明していった。

[SET LIST]
1.CALL MY NAME
2.蟲聲
3.THE HOPELESS
4.RUVISH
5.XXX IN THE BOX

※画像はクリックで拡大します
                         



□K


そこには、ヴォーカリストKとしての姿が輝いていた。一瞬でその身へ光を集めるように、Kはサビ歌始まりの『STORY』を歌いだした。歌心を持った楽曲だが、その演奏には身体を大きく揺さぶる衝撃と高揚がみなぎっていた。激しくドライブする楽曲へ♪解き放つように♪身を預ける中、身体が空へ飛び立つ感覚を抱けば、Kの歌声は、会場中の人たちの心を自由という空間の中へ連れだしてゆく。何より開放的なその歌声は、いろんな心のわだかまりをすべて消し去ってくれた。

「アゲてくぞ!!」、唸るように荒ぶる音が舞台上から一気に放たれた、凄まじい高速ビートの上で、Kは挑発するように『Raging pain』を熱唱。激しく挑戦的な姿勢はお手の物。とはいえ、ただ挑発するのではない、軸に据えているのは気持ちを揺さぶる高揚した歌というのがポイントだ。身体を激しく折り畳み舞台へ熱狂を返しながら、誰もが想いと意思を詰め込んだKの歌をしっかり心で受け止めていた。

唸るベース音に導かれるように、ギターを置いてマイクを手にしたKは、熱を抱き疾走する『Higher』を雄々しく力強く歌いだした。フロアーでは、くるくる廻りながら熱狂を抱きしめる観客たちの姿も。ここでは、ヴォーカリストとしての挑戦的な姿勢をKは見せてきた。その姿は、共に熱狂の中で抱きあおうと煽るようにも見えていた。

ソリッドでアグレッシブなギター音が炸裂。楽曲は凄まじい熱を放ち、轟音上げながら駆けだした。観客たちを挑発するように、Kはダーティな口調で『Rebirth』を歌いだした。なんて挑戦的な姿勢だ。Kの始まりを告げた歌。その歌を、始まりのライブを行った新宿ReNYで届けたところに、彼なりの想いを感じずにいれなかった。それ以前に、魂を熱く昂らす歌に触発され、会場中の人たちが翼を熱狂の拳に変え、大きく跳ね続けていた。

最後にKは、晴れた表情を抱いた『MY WORLD』を演奏。開放的な楽曲を放ちながら、Kは光に満ちた歌を羽ばたかせ、会場中の人たちと一緒に大空をランデブーしていった。彼の歌に触れながら、その眩い光を自分の明日へ繋げる希望に変えていけたのも嬉しかった。

[SET LIST]
1.STORY
2.Raging pain
3.Higher
4.Rebirth
5.MY WORLD

※画像はクリックで拡大します
               




□游彩


最後の時までカウントダウンに入った游彩。「stylish wave」へ出るのも今回が最後になる。游彩のライブは、ラストシングルの表題曲『水屑となりて』から始まった。沸きだす気持ちを放つように、慶が荒々しくも勇壮に歌をぶつけてゆく。たぎる感情的な歌声と演奏へ、ファンたちは扇子を振り、頭を振り乱し、想いを届けていた。残り少ない触れ合える時間だからこそ、メンバーもファンたちも、この一瞬一瞬に情熱をぶつけ、魂を燃やした気迫のライブを描き出していた。

演奏は、勢いを止めるごとなく『真宵路』へ。豪快に駆ける雅な演奏の上で、大蛇が挑むように歌を突きつけた。慶は舞台上を動きまわり、フロアーで扇子を大きく振るファンたちを煽り続けてゆく。「飛べー!」の声に合わせ観客たちが扇子を振りながら飛び跳ねれば、感情を揺さぶる情熱的な演奏へ熱をぶつけ、騒いでいた。

游彩は『無情なる輪廻』を用い、フロアーを目一杯使い観客たちを右へ左へ走らせた。雄々しく歌を吐き出す慶。魂を揺さぶる強烈な熱をはらんだ演奏を叩きつけ、游彩は終始暴れ祭る風景を描き続けていった。なんて凄まじい気迫だ。その痛絶な感情に触発されたら、こちらだって感情を爆発させ騒がずにはいれない。

雄大な、まさに游彩流のラウドでシンフォニックな雅曲『雨』の登場だ。心の内から沸き上がる熱情を、慶は歌声へ託してゆく。その歌と演奏は、魂を熱く揺さぶり続けていた。観客たちも、勇壮さ抱いた『雨』をみずからの魂でしっかり受け止めていた。

雅な音色と共に華やかな祭りビートが響きだした。この世界を絢爛豪華な宴の場へ染め上げるように、游彩は『色暮』を演奏。その歌と演奏は、会場へ極彩な音の色を散りばめてゆく。心がどんどん艶やかに染まりだす。その艶美な華やかさをずっとずっと感じていたい。ずっとずっと艶やかに心染められたい。

最後に游彩は『渇望』を荒くれるように叩きつけ、会場中へ熱狂と絶叫の拳渦巻く風景を描きだしていった。互いに感情を剥き出しに暴れ狂ってこそ、游彩のライブ。雅な心の裏に隠した鬼の感情をさらすように、彼らは切っ先鋭い音の塊を突きつけ、新宿ReNYへ暴れ祭る景色を描きあげて逝った。

[SET LIST]
1.水屑となりて
2.真宵路
3.無情なる輪廻
4.雨
5.色暮
6.渇望

※画像はクリックで拡大します
                         




□Vexent


「stylish wave」のトリ前を飾ったように、今年飛躍を期待されているVexent。その期待へ応えるに相応しい気迫と気合いをぶつける形で、ライブは幕を開けた。冒頭を飾った激烈ラウドなダンスロックナンバー『WELCOME TO THE DARKNESS』が飛び出すと同時に、フロアー中の観客たちが祭りに興じる跳ね人となり、その空間を目一杯使い騒ぎだした。その様へさらに熱狂を注ぐよう、Vexentは刺激的で攻撃的な音の弾丸を次々と撃ち放つ。これは、戦いだ。互いに感情を剥き出しながらも、心に最高の笑顔を浮かべ騒ぎ狂うライブという戦(いくさ)だ。

「頭からぶっ飛ばすぞ」、絶叫交じりで煽る真虎。場内に産まれた熱狂へさらに興奮のエナジーを注ぐように、Vexentは『#CARRY』をぶつけてきた。豪快に轟くダンスロックに触発され、熱狂の手拍子を贈る観客たち。Vexentの荒ぶる演奏に触発され、跳ねずにいれない、思いきり天高く飛び跳ねなきゃ、この熱狂をつかむなんて出来やしない。もっともっと一緒に暴走しちゃおうじゃないか!!

「突っ込んでこい!!」、真虎の絶叫を合図に、豪快な音をVexentは叩きつけた。『Stupid pain』が、理性の留め金を一気に壊し、観客たちを暴れ狂う野獣に変えていった。凄まじい勢いで頭を振り乱すフロアー中の人たち。その様を見て、Vexentは何度も何度も煽りを仕掛けてゆく。互いに感情をさらけ出し、何処まで本気でイキきれるか。「もっと来い!!」と何度も叫ぶ真虎。この瞬間、会場は間違いなく熱狂に支配されていた。

猛々しいレビのドラムを合図に、Vexentは「もっともっと暴れ狂え」と煽るように『Dystopia』をぶつけてきた。豪放無頼な演奏が、会場中の人たちの本性を剥き出しにしてゆく。今宵の戦いは容赦ない。途中には、両隣の人たちと手を繋ぎジャンプしたり、くるくる回転しながらはしゃぐ光景も登場。終盤には、ふたたび延々と続く折り畳みの風景をVexentは描き出していった。天井知らずで上がってゆく感情。このままイクところまでイクしかない。そして…。

やはり最後は、この曲だ。『哀なんて青春。』のイントロが流れだすと同時に、大きな手拍子が沸き、数多くの手の花が咲きだした。真虎の絶叫を合図に暴走した演奏に合わせ、フロアー中の人たちがモッシュや折り畳みにヘドバンと暴れのフルコースを用いて狂い続けてゆく。サビ歌で心を開放したときの爽快さはもちろん、それ以外のときに暴れ狂う様のなんて凄まじかったことか。この勢いを持って今年のVexentが、どんな風にこのシーンを掻き回してゆくのか、楽しみに見ていたい。

[SET LIST]
1.WELCOME TO THE DARKNESS
2.♯CARRY
3.Stupid pain
4.Dystopia
5.哀なんて青春。

※画像はクリックで拡大します
                    




□レイヴ


イベントの大トリを飾ったのが、レイヴ。今年は2月に誌面やWebへ登場すれば、「stylish wave CIRCUIT'18 春の嵐」へも全ヶ所参加するように、2018年の「stylish wave」を通した活躍も大いに期待されている。

この日、メンバーは羽織袴姿で登場。さすが、めでたい瞬間を彩るバンドらしい出で立ちだ。「つらい×4」、レンの歌声を合図にレイヴのライブは『人生つらみちゃん』からスタート。そんなつらい人生を吹き飛ばすように、レイヴが勢い満載で楽曲を演奏すれば、観客たちも大きく手の花を咲かせ、いろんな"つらさ"をすべて熱狂に変え吹き飛ばしていった。駆ける演奏の上で、「つらいつらい」と連呼するレン。ストレートアヘッドな演奏だからこそ、そのメッセージがダイレクトに、強いメッセージを持って胸に突き刺さってきた。

つらさを熱狂でぶっ飛ばしたあとは、うざい感情を取り払えとばかりに、レイヴは『ウザい歌』を突きつけた。タイトな演奏の上で、感情豊かな歌心を持った声を魅力に、レンは会場中へはしゃぐ祭りの風景を描き出してゆく。人が持ついろんな感情の恥部をレイヴは痛く晒しながらも、前向きな力へと変えていく。何よりその演奏が、気持ちを前へ前へと導いてゆく。ビートに飛び大きく手を振り跳ね続ける人たちの誰もが、しっかりと身体で熱狂を抱きしめていた。

2017年ラストを飾ったのが『オヒトリセレナーデ』だ。レイヴ流の祭り騒ぐダンスロックナンバーに合わせ、フロアー中の人たちが力強く手を振り、笑顔で宴に興じてゆく。日常のいろんなマイナス要素をすべて消し去り、晴れやかに昇華するように、レイヴは感情をウキウキとはしゃがせる楽曲を通し、2017年の締めくくりをお祭り騒ぎで塗りつぶしていった。

まもなく新年のカウントダウンを迎えようという時間が近づいた。舞台には游彩も乱入。その瞬間をカウントダウンしながら、会場中の人たちと一緒に年明け一発目に叫んだ言葉が「サディスティック!!」。これはレイヴのライブの最後に叫ぶ言葉。それを、新年一発目の挨拶に持ってくるところがレイヴらしいじゃない。

2018年一発目にレイヴがぶつけたのが、『棘』。選んだ理由が「ヘドバン始めと罵声始めとモッシュ始めをしたい」という理由。その暴れっぷりを年明け早々に示すところがレイヴらしさであり、ビジュアル系なライブらしい始まりの姿。演奏が始まったとたん激しいブラストビートに合わせ、場内中からドスの効いたデスボイスが飛び交えば、レイヴの荒ぶる演奏に触発され、逆ダイや折り畳み、ヘドバンと暴れ狂う風景がフロア中へ描き出されていた。理屈も屁理屈も関係ない、ただただレイヴの作り出す熱狂の中へ突っ込み、一緒に暴れ倒せばいい。それが、何よりもの正解だ。何度も何度も繰り返される『棘』を通した煽りの風景。会場中の人たちが一つになり暴れ倒す風景の、なんて壮観だったことか。

「今年はたくさん転んで、たくさん起き上がろう、たくさん頭振って、たくさんバンギャルしてください」。「あむあむじゃれあいたい」、レンとファンたちとが歌を交わし合う言葉だ。最後にレイヴは『ツミトバツ』を叩きつけ、新宿ReNYの中へ激しくじゃれあう熱狂の風景を生み出していった。甘ったるいライブなんか糞っくらえ。一緒に裸の心になり、熱狂の中で激しくじゃれあってこそライブ。満面の笑顔ではしゃぐようにあむあむじゃれあってこそ、レイヴのライブ。その姿勢を示しながら、レイヴは会場に熱気を作り上げ、8時間半に及んだイベントの幕を閉じていった。

[SET LIST]
1.人生つらみちゃん
2.ウザい歌
3.オヒトリセレナーテ?
4.棘
5.ツミトバツ

※画像はクリックで拡大します
                                



星子さんと共に…。



最後に、THE BLACK SWAN/游彩/Vexent/レイヴのメンバーらが舞台へ登場。それぞれが新年の抱負を語っていたことも伝えておこう。さらに、その後は豪華?プレゼントの当たる御神籤付きのお見送り会を、THE BLACK SWAN/ 游彩/Vexent/レイヴを迎えて行った。

2017年を締めくくるイベントであり、2018年の幕開けを飾った「stylish wave COUNTDOWN '17-'18」。今年も「stylish wave」は様々なイベントを仕掛けながら、次代を担うバンドを育成し続けてゆく。ぜひ、その成長を一緒に見続けないか?



≫前半戦、マイナス人生オーケストラ・シビレバシル・Sick²・えんそく・ベル・MORRIGANのライブレポートはこちら!


▶NEXT EVENT
stylish wave CIRCUIT'18 春の嵐



◆2018年3月3日(土) 渋谷REX
【出演】レイヴ / Vexent / JILUKA / シェルミィ / ハクビシン / てんさい。/ DiSPiИA
プレイガイド:
ローソンチケット:0570-084-003(Lコード: 71011) ▶購入ページ
イープラス: http://eplus.jp ▶購入ページ
ライカエジソン東京:03-3369-3708
ZEAL LINK渋谷:03-5784-9666/高田馬場 03-6908-9682
[問]渋谷REX:03-5728-4911


◆2018年3月17日(土) HEAVEN'S ROCKさいたま新都心VJ-3
【出演】レイヴ / アンフィル / Vexent / マイナス人生オーケストラ / シェルミィ / ハクビシン / FIXER
プレイガイド:
ローソンチケット:0570-084-003(Lコード: 71445) ▶購入ページ
チケットぴあ:057 0-02-9999(Pコード: 100-133) ▶購入ページ
イープラス: http://eplus.jp ▶購入ページ
ライカエジソン東京:03-3369-3708
ZEAL LINK渋谷:03-5784-9666/高田馬場 03-6908-9682
[問]チッタワークス:044-276-8841


◆2018年3月24日(土) 新横浜NEW SIDE BEACH!!
【出演】レイヴ / アンフィル / Vexent / JILUKA / シェルミィ / CANIVAL / BabyKingdom
プレイガイド:
ローソンチケット:0570-084-003(Lコード: 71445) ▶購入ページ
チケットぴあ:057 0-02-9999(Pコード: 100-133) ▶購入ページ
イープラス: http://eplus.jp ▶購入ページ
ライカエジソン東京:03-3369-3708
ZEAL LINK渋谷:03-5784-9666/高田馬場 03-6908-9682
[問]チッタワークス:044-276-8841


◆2018年4月7日(土) 大阪MUSE
【出演】レイヴ / Vexent / シェルミィ / CANIVAL / てんさい。/ Leetspeak monsters / Rides In ReVellion
プレイガイド:
ローソンチケット:0570-084-005(Lコード: 51551) ▶購入ページ
チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード: 349-973) ▶購入ページ
イープラス:http://eplus.jp ▶購入ページ
ライカエジソン大阪:06-6459-5988
[問]OSAKA MUSE:06-6245-5389


◆2018年4月8日(日) 名古屋ell.FITSALL
【出演】レイヴ / Vexent / シェルミィ / CANIVAL / てんさい。/ Leetspeak monsters
プレイガイド:
サンデーチケットセンター:052-320-9000 http://www.sundayfolk.com/ ▶購入ページ
ローソンチケット:0570-084-004(Lコード: 41622) ▶購入ページ
チケットぴあ:0570-02- 9999(Pコード: 100-141) ▶購入ページ
イープラス:http://eplus.jp ▶購入ページ
ライカエジソン名古屋:052-229-8211
fiveStars:052-261-7373
[問]サンデーフォークプロモーション:052-320-9100


◆2018年4月28日(土) 高田馬場AREA
【出演】レイヴ / アンフィル / 甘い暴力/ MORRIGAN / Vexent / シェルミィ / JILUKA
プレイガイド:
ローソンチケット:0570-084-003(Lコード: 71445) ▶購入ページ
チケットぴあ:057 0-02-9999(Pコード: 100-133) ▶購入ページ
イープラス: http://eplus.jp ▶購入ページ
ライカエジソン東京:03-3369-3708
ZEAL LINK渋谷:03-5784-9666/高田馬場 03-6908-9682
[問]チッタワークス:044-276-8841


<全公演>
OPEN 16:00 / START 16:30
前売り ¥3,800 / 当日 ¥4,300(tax in)
オールスタンディング、入場整理番号有り
*ドリンク代は各会場ごとに異なります
主催:JVK 企画:club Zy. / club Zy.チャンネル 制作:com agent 
協賛:ESP Entertainment Group 協力:Gab. / club Zy. MAG
stylish wave EXPERIENCE ”無礼区 #08”
stylish wave CIRCUIT '18 春の嵐”今宵、乱れ打ち”

NEWS

ライブイベント

stylish wave COUNTDOWN '17-'18
stylish wave CIRCUIT '17 冬将軍

フリーペーパー

club Zy MAG
Gab.

ショップ

zy_shop
001
002
003
004

オリジナル・フォトグッズ

zy_collaction
ページのトップへ戻る