INTERVIEW

HAKUEI(PENICILLIN) × 東海林のり子(アナウンサー)スペシャル対談! 第1回(全4回) 「出会った頃のHAKUEIは、まだ学生の匂いがプンプンしてた」(東海林)

HAKUEI PENICILLIN


 

6月17日に配信された大好評企画『居酒屋はくえい』のゲストには、ロック界のゴッドマザー、東海林のり子さんが登場! 長年ににわたってPENICILLINの活動を見守り続けてきた東海林さんだけに、貴重なエピソードが飛び出しまくりで対談は多いに盛り上がりました。ここでは配信前の時間を利用して、初対面の印象から、近況まで、幅広く語っていただいております。では、HAKUEIと東海林さんの絆の深さが感じられるトークをお楽しみください!(対談は4回にわたって掲載します)。

Interview:海江敦士

 

おふたりがお会いするのは久々なんですよね?

 

東海林のり子以下東海林):HAKUEI、しばらくでした~!(笑)。

HAKUEIあ、お久しぶりです!

東海林:本当ならハグしたいんだけど、コロナ対策があるので断念(苦笑)。でも、長いわよね~、私達。

HAKUEIそうですね。東海林さんについては、僕はもう一方的にテレビを見て知ってまして。星子さん同様、ヴィジュアル系の父とか母みたいな存在です。初めてアーティストとしてお世話になったのは、僕がソロデビューして1年後くらいだったのかな。たぶん、今から23年ほど前だったと思うんですけど、ソロ3枚目のシングル「ダブルラブショック/TRUE LOVE」(97年)を出して、そのプロモーション動画に出ていただいたんですよね。「現場からお伝えしました……HAKUEI、「ダブルラブショック」!」っていう感じで曲紹介をしていただいて。

東海林そうね。その頃のHAKUEIは、まだ学生の匂いがプンプンしてた(笑)。

HAKUEIあはははは! 当時は僕も20代でしたから。

東海林そうそう。ただ、ロックの人達ってある程度壁があってね、いろんなことを聞いちゃいけないっていうイメージがあったの。とこがね、HAKUEI達が所属していた事務所の社長さんが、ものすごくオープンな人で(笑)。

HAKUEIあ~、そうでしたね(笑)。

東海林その社長さんが「東海林さん、もう何でも(HAKUEIに)聞いていいよ」って。だから、楽屋の方までずいずい入っていったのね。それもあって最初から壁が全然なくて。すんなり親しくなれたっていうか。

HAKUEIそうでした。でも、当時の社長って実は結構人をシャットアウトする人だったんですよ。それが東海林さんに関しては、なぜか完全にOKだったんです。僕としては、東海林さんってずっとテレビで見てきた人だし、お会いできたのも嬉しかったんで、そこからは「いつでもライブに来てください」っていう感じでしたね。

東海林何か「初めまして」じゃなくて、最初から「あ、どうもこんにちは!」っていう感覚ね。その頃から会うのがすごく楽しかったんで、印象に残ってる。そう考えたらPENICILLINとのお付き合いって、かなり長いのよね。ちょっと前だけど私、PENICILLINの20周年ライブにも行ったし。

HAKUEIあ、渋谷公会堂ですね。まぁ、20周年って言ってもすでに8年前なんですよ。今年28周年だったんで。

東海林なんだか息子の成長を見守る母親みたいな感じね(笑)。初めて会った時からどんどんファンも増えて、大きくなって。

HAKUEI僕が東海林さんとお会いした頃って、すっごい人見知りだったんです。なので、東海林さんと初めてお会いした時も正直、ある程度は構えていたと思うんですよ。それが東海林さんは最初からすごくオープンだったんで話しやすくて。何か急に東海林さんが現れたっていう感じでしたね(笑)。

東海林私も特に勉強して現場に行くっていう感覚じゃなかったけど(笑)。

HAKUEIこれが面白いと思ったら、ポーンってやっちゃうのが東海林さんっぽいのかもしれないですね。

東海林面白いと言えば、HAKUEIがhide with Spread BeaverのギターのKIYOSHIと曲を出したでしょ? それがすごく印象的だったのを覚えてる。

HAKUEI実は東海林さんにナレーションをお願いした「ダブルラブショック」は僕のソロ曲なんですけど、ミュージックビデオとかアーティスト写真はバンドっぽく撮りたかったんですよ。それでKIYOSHIさんにギターをお願いしたっていうつながりなんですよね。あとはBY-SEXUALのDENさん(B)とNAOさん(Dr)にも参加してもらったら、なんだかすごく面白くて……。それがmachineっていうユニットにつながったんです。

東海林そうなんだ。そもそも最初からガツガツしてなかったわよね(笑)。“これで当ててやろう!”とかそういうんじゃなくて……。すごく楽しみながら音楽をやっていたっていう印象がすごくあるの。だから私もステージの上に上げてもらったりして(笑)。

HAKUEIいきなり曲紹介してもらったりね。それも大した打ち合わせもなくて、ほとんどアドリブで(苦笑)。

第1回|第2回|第3回|第4回

 


 

 

   INFORMATION   
 
ニコニコ公式ブロマガ「club Zy.チャンネル」にも掲載中!!
2020年7月の特集アーティストとしてロングインタビューを先行配信&ここでしか見れないミニテーマインタビュー・撮り下ろしフォト・動画を随時配信!
※パソコン、スマートフォンからご利用いただけます。
【日刊ブロマガ!club Zy.チャンネル】http://ch.nicovideo.jp/club-Zy/blomaga

 

 

 PENICILLIN info】 

 

●PENICILLIN豪華パンフレット付きCD、公式通販サイトにて発売決定!!

 

DDJ公式通販サイト>

https://ddj.official.ec

 

【第一弾】

「pulse」

新曲3曲収録

・「conception」

・「heartbeat」

・「C-section」

 [受付期間] 2020.06.08 – 07.08

[発送開始 2020年8月上旬

 

【第二弾】

「impulse」

詳細は後日発表!

 

 

●3rd DVD

「The Brow Beat Live Tour 2020 “Adam” at LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂) 2020.02.22」

6月30日(火)発売